lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

ローマ「CASANOVA カサノヴァ」レストランにてシェフの気まぐれピッツァランチ

2014/03/21

_RIO0046

ヴァチカン市国に程近く500mほどの距離に位置する「Casanova Restaurant カサノヴァ レストラン」さん。グリルでの肉料理やアルゼンチン料理を得意とし、薪オーブンで焼かれるピッツァが本格的な大箱のレストランです。ツアーで用意してくれた滞在5日目のランチは、こちらのレストランでいただきます♪

_RIO0049

入り口の雰囲気とは打って変わって、店内の広さに驚きます。広々とした1Fフロアでは、丸テーブルを囲む方々の姿や各テーブルをつなぎ団体様の姿が目に付き、とても賑やかな雰囲気です。ホールには大きなモニターがあり、イベントしやすい会場のようで、2F席も用意されています。こちらも日本人観光客を多く受け入れているようで、メニューは日本語です♪

_RIO0050

団体席に案内され、長テーブルに着席。ホールスタッフさんがそれぞれにドリンクのオーダーを聞いて回ります。ツアー内でセッティングされた食事は、旅行費に組まれておりますが、ドリンクは当たり前ですが自己負担となります。

_RIO0053

「CASANOVA Vino Bianco」白ワイン 375ml  €5.00(日本円でおよそ700円ほど)

こちらのレストランオリジナルの白ワインをボトルでいただきました。水のように飲みやすい軽いテイストのスッキリとした味わいです♪

_RIO0055

「フレッシュトマトのブルスケッタ」 大きめのバゲットにたっぷりとマリネされたカットトマトを乗せて。

_RIO0059

「サラダ」 バランスよく色とりどりの野菜のサラダ。

_RIO0056

「capricciosa カプリチョーザ」

capricciosa カプリチョーザとは、イタリア語で”気まぐれ”を意味します。シェフの気まぐれピッツァと訳されていることが多く、 その日その日によって内容が変わる”おまかせ”みたいな感じでしょう。生ハム、マッシュルームのシンプルな気まぐれピッツァ。生地はサクッと軽いクリスピーでローマ風タイプです。

_RIO0058

大きさは顔と比較すると判りやすいでしょうか。これで1人前ですが、ローマ風は、厚みのあるもっちりとしたナポリ風よりも全然軽いので、皆さんペロリと平らげていらっしゃいました♪

_RIO0060

「パンナコッタ」

日本でいただくパンナコッタの滑らかさを期待してはいけません(笑)硬めのプリンといった感じでしょうか。でも、お昼からのワインにプラスして、大勢でいただく食事はやっぱり楽しいですね♪さて、次回は世界中の信者が目指すカトリック教会の中心地、ヴァチカン市国の紹介です♪

Casanova Restaurant カサノヴァ レストラン
住所:Via Rodi, 18, 00195 Roma, イタリア TEL:+39 06 9784 3500
営業時間:12:00~23:00
http://www.casanovarestaurant.it/

Via Rodi, 18, 00195 Roma, イタリア

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

死にゆく町とも称される天空の町「チヴィタ・ディ・ヴァニョレッジョ」ののどかな風景 これからの不動産業を考える!FK2014賃貸マンスリーセミナーを開催
死にゆく町とも称される天空の町「チヴィタ・ディ・ヴァニョレッジョ」ののどかな風景
これからの不動産業を考える!FK2014賃貸マンスリーセミナーを開催

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます