lade | WEB Magazine, de la Espriella

It's focusing on gourmet, Hamamatsu-Shi, Shizuoka、Overseas travel、To deliver the lifestyle information such as design WEB Magazine alleys

Trattoria Armando in Florence also visit to Trattoria shopping center established

2014/02/08

_RIO1899

Centre of Florence, a little bit away.、From Firenze S.M.N station-10 minute walk from old Trattoria within walking distance "Trattoria Trattoria Armando Armando"Mr.。Founded in 1957 with over 50 years of history and、Very famous celebrities visited all。And the name "Armando"、Are taken from the name of his grandfather, the founder、家族経営で成り立っています現在のオーナー業は娘のアレッサンドラさんが引き継ぎ母親のジョヴァンナさんが料理を担当しマンマが作るトスカーナ料理を名物とし堪能できるお店でするるぶイタリア’14のフィレンツェのお勧めグルメスポットでも紹介されておりイタリア旅行観光ガイドのサイト「AMO ITALIA Irmo Italy' Is it even has been raved!

_RIO1901

店内手前には、2名掛けのテーブル席が2つ壁にはズラリとワインボトルが並びいかにもイタリアのトラットリアといった雰囲気を醸し出しています♪

_RIO1902

こちらがメインホール席数は50席ほど壁一面にはオペラ座出演者たちの写真が並びます外壁と同じクリームイエローの温かみのある壁柔らかな照明木製のスツールがどこか懐かしさを感じる落ち着いた空間で半個室風の奥部屋もあります店内を見渡せば地元民の方々に愛されている雰囲気が十二分に伝わってきますこちらのお店のランチはメニュー料金より20%OFFIn that's great service!

_RIO1904

「パン」 何よりも先にテーブルの上に並ぶのがパンでサービス料(10%)内に席料共に含まれています入れ物が可愛いですね♪

_RIO1906

1 / 2 litro bianco toscano da tavola (Tuscan table wine 500 ml) € 5 (Japan Yen at around 700 yen)

_RIO1909

Primi piatti Spaghetti alla Carrettiera (pasta with tomato sauce) € 14 (Japan Yen in approximately 1960 yen)

カレッティエッラという名前の由来は馬車引き夫が客待ちをする忙しい合間にさっと提供できるようシンプルな具材と茹で時間の短い細いパスタを合わせたという説だったり厳冬期に客待ちをする彼らが身体を温めるためニンニクと唐辛子の効いたソースのパスタだったという説などがあるそうですこの名前のパスタは地方によっていろいろなレシピがあり例えばシチリアではパン粉とリコッタチーズを入れローマではマグロとマッシュルームを入れたパスタをそう呼ぶのですニンニクと唐辛子を利かせたアーリオオーリオペペロンチーノにトマトを加えシンプルで簡単であるがゆえに腕の見せ所が楽しめるパスタですこちらのカレッティエッラはパスタの湯で加減味の濃さオイルの量絶妙な乳化具合シンプルな食材のバランスどれを取ってもパーフェクトです!ニンニクが多めのパスタですのでニンニクが苦手な方にはお勧めできませんがニンニクのアタックの強さトマトの甘味と酸味のバランスピリッと刺激のある辛さが癖になります!ぜひこちらにいらしたらこのSpaghetti alla CarrettieraWill try to order it!

_RIO1911

Primi piatti "Risotto ai funghi porcini (porcini mushroom risotto)" € 18 (Japan Yen about 2520 yen)

”ポルチーニ”という言葉はイタリア語で”豚のような奴”という意味(単数形はポルチーノ)できのこ全体が丸々と膨らんでおりまるで子豚のような愛嬌のある姿に因んで命名されたものです香りが芳醇でフレッシュなものはナッツのような濃厚さが感じられ乾燥されることで醤油のような強い香りを発する独特な風味のキノコですポルチーニ茸は”茸の王様”ともいわれイタリアでも高級食材の1つと言われていますそんなキノコポルチーニ茸の旨味がたっぷりと感じられるリゾット美味しくないわけがありません!このリゾットを食べた瞬間に「これだよ、This、これがイタリアだよ!」と訳の解らない台詞を口にしたわたし達です(笑)こちらでは旬な食材をリゾットにされているのでそのシーズン毎のリゾットをお楽しみくださいね♪

_RIO1915

「ミニサラダ」 メイン料理に付いてきます

_RIO1916

ドレッシングはお好みでといわんばかりにオリーブオイルとバルサミコ酢がボトルで出てきます。And、このオリーブオイルとバルサミコ酢もとても美味しかったので何処かで見掛けたら購入しようと思い思わずパチリ♪

_RIO1913

Secondi piatti 'chicken dishes € 18 (Japan yen approximately 2,520 yen)

料理名がわかりませんが大好きな鶏肉と旬の茄子の料理をオーダーしましたフィレンツェではTボーンステーキを食べるようにお勧めされていましたが隣のテーブルでTボーンを食べている現地の方のソレを観てあまりのボリュームにあんぐり(笑)ディナーのことも考えると、2人では到底入りきらないと断念しました。However,、こちらの鶏肉料理にして正解です!柔らかくジューシィーな鶏肉に包まれた瑞々しい肉厚な茄子がまた絶品でした!付け合わせにも茄子の素揚げしたものと葉野菜とトマトで見た目とてもシンプルでしたがお味は最高で大満足でした次回はお腹に余裕を持たせてまたは大人数で行くかしてTボーンステーキも是非食べてみたいと思います♪

_RIO1918

創業者の娘でもあり現在オーナーのアレッサンドラさんとても気さくでチャーミングな方で日本語は話せませんがにこやかに対応してくれます。This time the、参考にしたアーモイタリアでお得な情報が掲載されていたのでそちらの特典をオーダーアーモイタリアのこちらのサイトページを見せると食後のカフェまたはグラッパかリモンチェッロのいずれかを無料サービスしてくれますわたし達夫婦は食後酒としてグラッパとリモンチェッロをいただきました♪

_RIO1923

"Grappa"

イタリア特産の蒸留酒でブランデーの一種ですワインを蒸留して作る一般的なブランデーとは違いブドウの搾りかすを発酵させたアルコールを蒸留して作ります多くは樽熟成を行わないので無色透明ですがブドウの香りを程よく残しアルコール度数は30度~60度と少々お高めです真っ昼間からのほろ酔い気分日本だと指摘されそうですがイタリアであれば何の違和感もなく味わえるから不思議ですね(笑)

_RIO1924

"Limoncello"

試験管のようなメモリの付いたグラスが可愛いくキンッキンッに冷やされた自家製のリモンチェッロが出てきましたイタリアを起源とするレモンを用いたリキュールで伝統的なレモン・リキュールとして1つのジャンルを築いており家庭などで作られる以外にも複数の酒造メーカーが製造しています市販のもののように甘過ぎず凝縮感がありながらもさっぱりとしておりかなりのアルコール度数だと思われますがグラッパ同様にとても美味しくいただきました。Italy (European countries),、Almost no such public toilets in Japan、And common sense is to borrow the use of restaurant or Cafe。お帰りの際には、"Where is the restroom? Dove il bagno? Dove il Bagno?"And、忘れずに♪

_RIO1925

歴代のオペラ歌手や演奏家ダンサー俳優と錚々たるメンバーの写真とサインたち。2007年に亡くなられたイタリアのオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティ(伊Luciano Pavarotti)のサイン入り写真があったりハリウッドスターなどの写真もありワクワクしてしまいます。Just、隣のテーブルにいらした日本人の素敵なご夫婦もネット検索でいらしたようで今回のイタリアの旅ではフィレンツェに5日ほど滞在されているとのこと。1つの街に長期滞在しのんびりとした旅行もまた良いですね!こちらはフィレンツェに訪れた際に必ず立ち寄りたいお店となりました♪さてお次はフィレンツェの街を歩きウィンドーショッピングしながら人気ブランドのセレクトショップの紹介です♪

Trattoria Trattoria Armando Armando
Address:Via Borgognissanti 140 / R, Firenze Italy TEL:+39 055217263
Hours of operation:Lunch 12:15-15:00、Dinner 19:15-22:30 Closed on Mondays:Sunday、月曜ランチ、8月のランチ
http://www.trattoria-armando.com/

Via Borgognissanti 140 / R, Firenze Italy

Shizuoka Prefecture West Center packed with information on gourmet restaurants in Tokyo, Nagoya and overseas!
Food log version caches to currently provides information on gourmet restaurants in more than 700。
<kakesta>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
Events and cuisine photo WEB album
See the photo album has been taking a Google Photo of lade。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

Let Shiireyo local ingredients in Florence central market "Mercato Centrale"! Kansai-style charcoal grilled eel ' foobar taro corbiculids mounds store ' in the eel stuff oneself in luxury
Let Shiireyo local ingredients in Florence central market "Mercato Centrale"!
Kansai-style charcoal grilled eel ' foobar taro corbiculids mounds store ' in the eel stuff oneself in luxury

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | lade - Lifestyle WEB magazine | Company Profile | Google
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. I will strictly prohibited unauthorized copy or reproduction of published articles, images