lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

パリのミシュラン2つ星「ミッシェルロスタン」美食会@浜名湖ロイヤルホテル

2015/07/26

IMG_9938

2010年より2012年7月にかけて「東洋から見た日本」をテーマに一部リニューアルをされた「浜名湖ロイヤルホテル」さん。
昨年2014年3月には、大浴場と露店風呂をリニューアルし、
ONSEN La Coon (温泉ラクーン)をオープンされ賑わいを見せています!
冬の凛とした澄み渡るような青空の中、浜名湖の水面が宝石のように煌めくロケーションを誇る浜名湖ロイヤルさん。
到着するまでの道中も、ドライブがとても気持ち良く楽しめます♪

IMG_9943

この日は、最上階フレンチ「スカイレストラン バンボシュール」さんにて開催された
フランスはパリのミシュラン2つ星を獲得している「ミッシェル・ロスタン Michel Rostang」の美食会に参加。
浜名湖ロイヤルホテル総支配人のちゃんこと小川大三郎氏が颯爽と出迎えてくださいました♪

ミッシェル・ロスタンの真の伝説が始まったのは、1980年にミシュラン2ツ星を獲得以来、
35年と永きに渡り不動の2ツ星と言われ、世界中の美食家達をとりこにしている星付レストランの老舗。
オーナーシェフであるミッシェル・ロスタン氏、そして、シェフのニコラ・ボマン氏を迎え、
本場フランスを巡る美食の宴をお楽しみ頂ける美食会が2015/7/20(月)~7/22(水)に行われました。

日時:2015年7月16日(木)、17日(金)、18日(土)
会場:長浜ロイヤルホテル「ダイニングルーム 四季」
値段:ランチ16,000円、ディナー22,000円(各税サ込み、飲み物別)

日時:2015年7月20日(月・祝)、21日(火)、22日(水)
会場:浜名湖ロイヤルホテル「レストラン バンボシュール」
値段:ランチ16,000円、ディナー22,000円(各税サ込み、飲み物別)
(※こちらの会に参加される方向けに1泊7,000円の特別料金での宿泊プランを用意)

IMG_9947

フランスはパリからの催しということで、会場の入口には、パリのエトワール凱旋門をくぐり抜けると、
何とエッフェル塔が出迎えてくださいます(笑)
皆さん、こちらで記念撮影されるとのことでしたので、記念にパチリ♪

IMG_9950

今回は「WINE BOUTIQUE PANIER ワインブティックパニエ」さんがワインセレクトを担当されたこともあり、
オーナーである友人夫妻、小野哲義さんと奥様の由紀子さんと一緒にランチにやって参りました♪

IMG_9952

この日は、天候に恵まれたこともあり、
ホテル13階にある最上階レストランの窓からの浜名湖を一望できる眺望の素晴らしさは、
言葉にし難いほどの美しさで、その湖面の煌きと雄大な景色に癒されます♪

IMG_9949

こちらのメニューデザインは、ミッシェル・ロスタンのお店で使っているメニューの絵を4種類レイアウトしたもの。
美しいその色合いに思わず大切に取っておきたくなるような仕上がりです♪

IMG_9956

「エビアン evian」

ミッシェル・ロスタン氏から、フランス料理なのでフランスのお水を合わせて欲しいとリクエストされたこともあり、
エビアン evian(ガス無し)またはペリエ Perrier(ガス有り)を用意されています♪

IMG_9966

大和リゾート株式会社」の総料理長と上席執行役員を務められる
長門慶次 Keiji Nagato氏より開催の挨拶。
過去にフランスから招いた美食会としては、「パトリックアンリルー」、「アンパサール」、
イタリアからは、「アンドロゾーニ・ピエトロ」などを招待されてきた浜名湖ロイヤルホテルさん。
数あるシェフの中から今回はどなたを呼ぼうかと検討したところ、
フランスの有名シェフであるミッシェル・ロスタンに決定。
長門さんのご子息であるYoshi Nagatoさんは、現在、ロスタンの系列店で働かれていることもあり、
ファン待望の親子共演という素晴らしいイベントでもあるのです!
今回は、長門さん自ら4月にパリに入り、美食会の打ち合わせを重ねられ、
5月には、バンボシュール・料理長の遠山嘉明さん、料飲部マネージャーの福西孝雄さんがパリに入り、
料理の試作や、ワインのセレクトについて、イベントに向けて着々と準備に取り掛かられたとのこと。
ミッシェル・ロスタン Michel Rostang氏率いるメンバーは、
シェフのニコラ・ボマン Nicolas Beaumann氏と
シェフパティシエのアドリアン・ボゾーロ Adrien Bozzolo氏を迎えています♪

IMG_9975

今回は、長門さんの友人である「ローラン・ペリエ Laurent Preiier」のアンバサダーである
フィリープ・ソーゼット Philippe Sauzedde氏に通訳を依頼され、
ミッシェル・ロスタン Michel Rostang氏のスピーチを同時通訳されています♪

IMG_9982

ミッシェル・ロスタン Michel Rostang氏は長門さんのおかげで今回のイベントが形になったことに感謝され、
フランスと日本のより良い交流のキッカケとなるよう、
フランスと日本の食材を織り交ぜてメニューを構成されたと述べられました♪

IMG_9959

支配人のちゃんから、ウェルカムドリンクのサービスいただきました!
ちゃん、ありがとうございます♪(感謝)

IMG_9992

「ピエール・ジモネ ブリュット・キュイ」フランス シャンパーニュ

先ずは、「ピエール・ジモネ ブリュット・キュイ」で乾杯です。
1730年、コート・ドブランで栽培を開始。
最高の畑から収穫されたピュアな果汁だけを使用した、フィネスを閉じ込めた素晴らしいシャルドネ100%のシャンパーニュ。
濃密で力強さを持ちながら、繊細さも備えた味わいが特徴です♪

IMG_0003

パリのエスプリを感じて「真鯛のマリネ フォアグラといちじく」

パリのエスプリを感じてと題されたアミューズには、
フォアグラといちじくをとうもろこしの澱粉で作ったサクッとほろける薄皮で巻いたものと、
そして、チーズを練り込んだシートの上には真鯛のマリネを乗せて。
一口サイズなので、手に取っていただきます♪

IMG_0011

「スズキと黒トリュフ、グリンピースのピュレとポルト酒風味のヴィネガーソース」

スズキと卵黄を黒トリュフで香付けしたものにマリネした蕪を纏わせ、キャビアと金箔を添えています。
下には、色鮮やかなグリンピースのピュレと
ポルト酒風味のヴィネガーソースでさっぱりといただきます♪

IMG_0015

料飲部マネージャーの福西孝雄さんが挨拶に出向いてくださったので、小野さんと記念にパチリ。
今回のワインセレクトは、なかなかミッシェル・ロスタンの要望に応えるに難しい代物ばかりで、
小野さん無しでは遂行できませんでした。と、感謝される福西さん。
イベントの成功の裏には、このように主催者と業者の信頼関係から生まれる努力があってのことなのですね。
いつも素敵なお仕事をされている御2人と仲良くしていただいて嬉しい限りです♪

IMG_0013

「パン」

麦やくるみがたっぷりと入ったパン。

IMG_0039

「ヴーブレ セック ル モン 2012 ドメーヌ ユエ」

伝説の造り手、ドメーヌ・ユエの歴史は、
1928年にガストン・ユエがヴーヴレイの「ル・オー・リュー」の畑を5ha購入した時に始まります。
堅実にドメーヌの経営を行いながらも、ユエ家は合計で35haまで所有畑を拡大してきました。
現在は、4つの区画、「ル・オー・リュー」、「ル・クロ・デュ・ブール」、「ル・モン」、
そして2001年に新たに購入した「ドメーヌ・ド・ヴォダニ」を所有。
現在は、ガストンの娘婿のノエル・パンゲが、1976年よりブドウ畑の現場を取り仕切っています。
美しい黄金色で、アプリコットや柑橘系とともに、ハチミツの香りの印象もあり、
口に含めばフレッシュ感のあとにボリュームのある立体感がすぐに感じられ、
長期熟成させると良い辛口の白ワインです♪

IMG_0017

今回、通訳という大役を担われたフィリップ・ソーゼット philippe sauzedde氏が
テーブル毎に挨拶に出向いてくださいました。
ローラン・ペリエ Laurent Preiier」のアンバサダーであるフィリップ・ソーゼット philippe sauzedde氏は、
フランス生まれの言葉「コンビビアリテ」の芸術の世界に完全に惹き込まれ、
1974年に来日されて以来41年間、日本人にそのコンセプトを紹介し広める活動を行っています。
1982年に、在日フランス大使館で行われた最初で最後の天皇陛下とフランソワ・ミッテラン大統領の晩餐会で、
サービスしたときの思い出が忘れられず、
この時の気持ちを大切にし、日仏の交流をさらに広げていきたいと心掛けられています。
フランス料理への献身な活動が評価され、2005年農事勲章オフィシエを受章。
今も、日本人のみならず国際的な顧客にフランス式の素晴らしさに対する彼の情熱を伝え続け、
フランスのパリ郊外の都市フォンテーヌブローで生を受けた彼は、
日本で日本人妻のHarukoさんをを迎え、ウィットに富んだ会話力に益々磨きを掛けています♪

IMG_0042

「的鯛のフィレ、スモークしたうなぎとヴェルヴェーヌクリーム、ズッキーニのカネロニ仕立て」

生姜バターでコンフィにした的鯛のフィレには、ヴェルヴェーヌのソースを合わせて。
ふわふわに仕上がったズッキーニのカネロニ仕立てには、
中にトマトのピュレの酸味を用いて、さっぱりと仕上げています♪

IMG_0046

キッチンの模様を伺い知ることができればと、
支配人のちゃんにカメラを渡して撮影してきていただきました!(感謝)

IMG_0048

キッチンでメーンディッシュに集中するミッシェル・ロスタン Michel Rostang氏と長門さん。
そして、スタッフ間にほとばしる緊張感と臨場感溢れる写真をちゃんが納めてくれました♪

IMG_0045

長門さんの御子息であるYoshiさんも一緒に厨房内を駆け巡ります♪

IMG_0077

ソムリエとしてテーブルを担当してくださったのは、
沖縄残波岬ロイヤルホテル」の料飲支配人の中山大さん。
東京都出身の中山さんは、全国各地のロイヤルグループを経験され、
現在、沖縄には5年在籍されているベテランソムリエさんです♪

IMG_0098

「ラ フォン デュ ヴァン コート デュ ローヌ ヴィラージュ “ノートル パッション” 2010ドメーヌ フォン ド ミッシェル」
フランス コート・デュ・ローヌ

1950年、先代のエティエンヌ・ゴネ氏によってシャトーヌフ・デュ・パプに設立されたドメーヌで、
1974年からは、息子のジャンとミッシェル・ゴネ兄弟がドメーヌを運営し、
化学肥料や農薬を一切使わない有機農法でワイン造りを行っています。
こちらは「私たちの情熱」と名付けられたワイン。
葡萄品種 : グルナッシュ50%、シラー50%。
スパイス香が特徴的で、赤い果実香があり、
バランスの整った味わいで、余韻も長く続き、 上品で表情豊かなワインです♪

IMG_0095

「シャトー オルム ド ペズ 2009 サン・テステフ」フランス サンテステフAOC

18世紀半ばに設立されたシャトー・オルム・ド・ペズは、
その名が畑に植えられていた古いニレの樹(オルム)に由来し、サン・テステフでも有名なシャトーのひとつ。
1940年からシャトー・ランシュ・バージュを所有する
ミッシェル・カーズ氏率いるカーズ家によって運営・管理がされるようになり、高い評価を得ています。
芳醇な香りを持ち、ふくよかで深みある優雅なバランスを楽しめるワインです♪

IMG_0057

グループ内のソムリエコンテストで優勝されたエグゼクティブソムリエの北氏直也さんが、
カメラを向けると、豪快にピースサインで登場です!(笑)
最後にブラインドで当てて欲しいと秘密のワインを少しだけテイスティングさせてくれました!(感謝)

「ジュヴレイ シャンベルタン ヴィエイユ ヴィーニュ 2011 ドメーヌ ドゥニ モルテ」フランス ブルゴーニュ
神と言われる故アンリ・ジャイエに造りを学び、ロマネコンティやルロワと並ぶワインを生み出しています。
ジュヴレ・シャンベルタン村らしい力強さなのに、柔らかくしなやかな印象。
葡萄品種:ピノ・ノワール100%。
グラスから立ち上る香りは、フランボワーズやラズベリーといった赤い果実に、
古木ならではの深みや複雑味がプラスされ、やや野性的な印象を与える魅力的なワイン♪

IMG_0092

「仔羊背肉のロティ、茄子と肩肉のサンド、レモンコンフィの香りを乗せて」

仔羊の背肉を、レモンとハーブでマリネしローストされており、
臭みはほぼほぼ感じず、羊が苦手な旦那様でもいただけました。
肩肉のミンチをソテーした茄子でサンドされています。
ワインとのマリアージュも素晴らしく堪能することができました♪

IMG_0099

「カカオ風味のサブレブルトン、なめらかなグアナラチョコとトンカ風味のクレームブリュレ」

クラシックショコラをカリカリに焼き上げたガーナッシュの上に、
杏仁の香りのするトンカ豆を使ったクレームブリュレ、
そして、チョコのムースを絞って金粉とチョコをコーティングしたお仕上げ。
フォークでチョコレートをとんとんと割りながら食べると、
香りとコクと優しい甘みとほろ苦さが一斉に口中で広がり、最高のデザートです!
目で見て、香りや触覚、味覚を楽しめるデザートは、やはり流石フランスと思われます♪

IMG_0102

「小菓子」

爽やかな酸味が楽しめるパッションフルーツのマカロンに、
濃厚な抹茶の香りが楽しめるプチケーキ、
サクサク食感を楽しむナッツのチョコボールと、小菓子も1つ1つが美味しいですね♪

IMG_0106

「コーヒー」

IMG_0114

南淡路ロイヤルホテル」からヘルプでいらしていた副支配人・料飲統括・シェフソムリエの小川貞夫さん。
ソムリエの資格はもちろんのこと、シュヴァリエの称号をも持たれており、
バーテンダー、調理師免許、酒匠と様々な資格をお持ちで大活躍されているそうです!
小川さんは顔立ちも彫りが深くお美しいのですが、
それにも増して立ち振る舞いや所作や姿勢が素晴らしく、
今回は残念ながら担当テーブルの違いということで、サーブしていただくことはできませんでしたが、
遠くから小川さんが振る舞うお姿を眺めておりました♪

IMG_0108

最後にテーブル毎に挨拶に出向かれた
ミッシェル・ロスタン Michel Rostangチームの皆さんと記念にパチリ。
とても良い思い出となりました♪

IMG_0123

食事後に1階の「ティーラウンジ リプル」さんで、
ちゃん農園の美味しいレモングラスのアイスティーをいただいていると、
長門さんとご子息のYoshiさんが出向いてくださったので、記念に1枚撮らせていただきました!(嬉)
Yoshiさんのパリでのご活躍されるお姿をいつか拝見できると嬉しいですね。
長門さん、ちゃん、また楽しいイベント企画お待ちしております♪

浜名湖ロイヤルホテル
浜松市西区雄踏町山崎4396-1 TEL:053-592-2222
http://www.daiwaresort.jp/hamanako/

ミッシェル・ロスタン Michel Rostang
http://www.michelrostang.com/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

約1000本ものワインを管理する「ワイン&ダイニング Abend アーベント」 古都チェンマイ「キュイジーヌガーデン」数々の賞賛を得たフュージョン料理を堪能
約1000本ものワインを管理する「ワイン&ダイニング Abend アーベント」
古都チェンマイ「キュイジーヌガーデン」数々の賞賛を得たフュージョン料理を堪能

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます