lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「壺中天」ヤマザキマザック美術館地下にあるゆたっりとした空間の正統派フレンチ

2015/06/06

IMG_8226

名古屋市新栄にある「ヤマザキマザック美術館」は、2010年4月23日に開館した美術館で、
ガレやケファロス、シャガール、モネなど多くの美術品を展示しています。
こちらのマザックアートプラザ美術館棟内には、併設されているレストランが4店舗あり、
その1つにあるフレンチ「壺中天」さんは、2001年より新栄の一角にある小さなフレンチレストランからスタートし、
こちらの開業と共にこのマザックアートプラザ美術館棟内に移転リニューアルオープンされています。
駐車場は館内に併設されておりますが、
壺中天さんでは、5000円以上の利用で30分チケットとなります。

IMG_8228

地下2階へ降りてみると横並びにレストランが連なり、壺中天さんは一番奥となります。
大きな看板もなく、ドアに書かれたロゴのみ。
初来店の方は、見落としてしまいがちかもしれません。
しかしながら、ドア付近まで伺うと、マダムがお出迎えをしてくださるので安心です♪

IMG_8230

店内は広々とした一風変わった造りをしており、
ゆったりと丸テーブルが間隔を空けて設置されています。
店名の「壺中天(こちゅうてん)」は、安岡正篤氏の言葉「六中観」ある「壺中有天」より取られ、
ここは世俗から離れ思うままに愉しんでいただける非日常の別天地。
同時に、私のなかにある世界観「和と洋の融合」を表現する空間、という意味合いを込められています。
オーナーシェフの上井克輔氏は、岐阜のフランス料理店「ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール」の山村幸比古氏を師に仰ぎ、
27歳(1996年)の若さでヨーロッパに渡り、イタリアの「レ・カランドレ」、フランスの「シェ・ミッシェル」などで修業。
帰国後「ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール」をはじめ、複数の料理店を経て、2001年6月32歳で独立されて現在に至ります。
この日は、平日のみのAコース5,000円(お口取り・前菜・魚または肉料理・デザート・コーヒー)をオーダー。

【Lunchコース】
Menu A 5,000円(平日のみ)・Menu B 6,500円・Menu C 9,000円・Chef’s Suggestion 13,000円(要予約)

IMG_8234

la vena del legno ラ ヴェーナ デル レンニョ」の内田夫妻より紹介していただいた
壺中天さんでソムリエとして務められるシニアソムリエの戸田秀和さん。
物腰の柔らかい気さくなお人柄で、彼のセレクトするワインには定評があるとのこと。
1977年掛川市生まれとのことで、旦那様は妙に親近感が湧いてしまったようですね!
この日は、はじめましてのご挨拶。
嬉しいことに戸田さんより、ノンアルコールカクテルをいただきました。
ありがとうございます♪

IMG_8235

「ノンアルコールカクテル」

フランスのアランミリアというネクターに定評のある作り手さんの、洋梨のネクターを、炭酸やレモンで割ったカクテルで、
ねっとりとした濃厚な味わいと舌触りにほんのりと発泡性があり、一口がしっかりとした旨味溢れる一杯です♪

IMG_8238

お口取り「生ハム、パルメザンチーズのタルト、フラン」

ペルシュウという岐阜県関市の日本で只1人の公認のパルマハム職人
BON DABON」の多田昌豊さんが造られる2年熟成の生ハムは、
優しい桜色をしており、ふんわりと軽く、芳醇な香りと共に風味が増します。
見た目には多く感じる脂は、さっと溶けてなくなるほどにまろやか。
パルメザンチーズのタルトには、オイスターキャベツを乗せて、
さらにその上に生ハムより出汁を取り、泡状にし形成した口溶け滑らかで、キャベツの甘味を楽しめる一口で楽しめる一品。
カップは、生ハムの出汁と卵を合わせてたフランに蓴菜を添えて、旨味溢れる上品な味わい。
ペルシュウの生ハムで構成された素敵な一皿です♪

IMG_8242

お口取り「桜海老のブリュレ」

香ばしい香りが立ち上がる桜海老のブリュレは、サクサクとした食感と滑らかさの二層で楽しめます♪

IMG_8245

前菜「フランス産ホワイトアスパラガスと桜鱒の燻製」

フランス産の立派なホワイトアスパラガスは、しっとりと柔らかく提供するところが多いですが、
こちらは、ほんのり食感を残しておりサクサクと繊維の歯応えも楽しめます。
軽く燻製された桜鱒は甘味溢れる脂をマスタードソースでさっぱりと。
イギリスの岩塩をお好みで付けて、カルダモンコリアンダーの華やかな香りと共にいただきます♪

IMG_8249

「プチバゲット」

IMG_8255

魚料理「イサキのソテー アンチョビバターソース」

イサキは皮目をパリッと香ばしく焼き上げ、中はふっくらと仕上げており、
洋葱、茄子、グリーンアスパラガス、アスパラソバージュ、舞茸、カリフラワー、白バイ貝などを添えてボリュームもあります。
アンチョビにバターを加えた濃厚なクリームソースでいただきます♪

IMG_8252

「宮崎牛のイチボのロースト」

ランプから霜降りの部分のみを取り除いた希少部位のイチボは、弾力のある赤身肉ですが、
きめ細やかなサシもあり、赤身の淡白さと霜降りのコクのある柔らかさを併せ持った贅沢な逸品。
噛む毎に甘味と旨味がジュワッと口一杯に広がります。
根菜やジャガイモ、アスパラソバージュを添えていただきます。
全体的にポーションのボリューム感が程好く、味わいには優しさを感じる上品さがあるため、
外食続きで疲れた胃に優しく染み渡るコースです♪

IMG_8256

「キュウイのソルベとヨーグルトのエスプーマ オレンジの香り」

デザート前の小さな一皿。
キュウイの爽やかなソルベとヨーグルトの優しい酸味が広がるエスプーマに
上に纏ったオレンジの香りを混ぜ合わせていただきます。
これがデザートで出てきても申し分ないクオリティで美味しいです♪

IMG_8260

デザート「ジャスミンと南国フルーツ」

パパイヤ、パイナップル、キュウイの果肉とパッションフルーツのソルベ、
下にあるジャスミンのクリーム、フルーツジュレ、酸味優しく肉厚なベゴニアの花と一緒に混ぜ合わせていただきます。
ジャスミンの飴を崩しながら、パリパリとした食感と共に味わう爽やかなフルーツたっぷりの夏デザートです♪

IMG_8261

小菓子「オペラ、ナッツのプチシュー、パイナップルのパートドフリュイ」

一口サイズでも濃厚なオペラ、ナッツの香りが香ばしいプチシュー、爽やかなパイナップルのパートドフリュイと
名古屋は、どのフレンチレストランでも最後の小菓子までも楽しませてくれます♪

IMG_8262

「エスプレッソ」

スタッフさんの温かなサーブと心地良い空間に癒されて、
名古屋の最終日のランチタイムをとてもゆったりとした気持ちで過ごすことができました。
戸田さん、ありがとうございます!また伺いたいと思います♪

壺中天
愛知県名古屋市東区葵1-19-30 マザックアートプラザ B2F
TEL:052-508-8850
営業時間:11:45~13:00(L.O)、18:00~20:30(L.O)
定休日:毎週月曜日、第3・第5日曜日
駐車場:有(5000円以上利用で30分サービス)
http://kochuten.jp/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

新規オープン「バリック」名古屋若手オーナーの勢い溢れる3店舗目プレオープン つま恋「ジャルダン」テロワールの違いを勉強するグランクリュクラブのワイン会
新規オープン「バリック」名古屋若手オーナーの勢い溢れる3店舗目プレオープン
つま恋「ジャルダン」テロワールの違いを勉強するグランクリュクラブのワイン会

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます