lade | WEB 雜誌,德拉埃斯普列亞

它專注于美食,濱松市、 靜岡、海外旅遊、提供的生活方式的資訊,如設計 WEB 雜誌小巷

點菜晚餐是採用無農藥蔬菜中的“法國食堂apéroAppello”

2015/02/03

IMG_6968

JR東海道線「磐田駅」北の天平通り「磐田駅前」交差点を東に約1.5㎞ほど道路の北側にある「ネッツトヨタ浜松」さんを過ぎた交差点を左折し、1本目の細いT字を左折したところに2013年6月21日在打開"フランス食堂 apéro アペロ"先生。。apéro(アペロ)和、フランス語で食前酒食欲を増進するを意味する言葉でapéritif(アペリティフ)の口語です夕食の前にアペロしよう!と気軽に誘い合い飲み物とおつまみで友人や家族同僚とおしゃべりを楽しみながらゆったりとリラックスしたひとときを過ごす習慣を大切にされるフランスの文化を身近に感じてもらおうと店名にその想いを込めて名付けられています♪

IMG_6973

元々は焼き鳥屋さんだった場所をリニューアルされた店内は和の面影もなく清潔感溢れる白を貴重にホールを贅沢に使用しすっきりと壁一面に施したテーブル席12席とキッチンが見渡せるカウンター席6席となります通常営業はディナーのみとし、功能表是、その日のお勧めメニューを中心にアラカルトまたはシェフおまかせの3コースを3,000日元、4,000日元、6,000日元で用意されています。白天、貸切パーティなどの予約のみ受け付けられるそうです。擁有者廚師中津川治(なかつがわおさむ)先生、地場の食材や野菜にこだわりご自身でも畑を開拓し自家菜園で野菜を育てられていますそして軽くつまみながら楽しく飲んでいただけるようにと自然派のワインを中心におよそ50種類のワインを常備され、在一個合理的價格提供。

IMG_6971

在這一天、自家焙煎珈琲豆屋「吸塑和日本餐廳」さんから浜松へ戻る途中の帰り道にどこかお勧めの場所はないかとバイトスタッフの久野HiroshiTaroくんに伺ったところこちらをお勧めしてくれたのでお邪魔しましたシェフの中津川さんが御一人で厨房とホールをまかなうため時間と心に余裕を持って伺うと良いでしょう♪

IMG_6975

ガラスで遮られているものの厨房の様子が覗けるカウンター席でワインを傾けながら食事ができるのは嬉しいものです。在這一天、車のためアルコールは我慢ですその日お勧めのメニューがガラスに書き出されておりジビエは入荷状況により異なるようで事前予約が必要です。在這一天、残念ながら食材があまり無いとシェフが申し訳なさそうにおしゃっていました何事も事前予約が肝心です♪

IMG_6977

「前菜の盛り合わせ」2人前2,600円

サラダを多めにして彩り良く盛り付けてくれた「冷拼盤"、2人前でオーダーしましたナスタチウムの葉わさび菜などは、請按一下此處自家菜園畑の無農薬野菜它是。瓢箪南瓜のカナッペカリフラワーや紫ブロッコリー、胡蘿蔔、セニョリータ(トマトピーマン)など野菜が美味しいのでシンプルにお塩とオリーブオイルでRyujin 豬錦爽鶏のレバーを用いたパテドカンパーニュトスカーナの豚・チンタセネーゼのラルド水牛のモッツァレラに酸味と甘味のバランスが抜群のトマトと盛りだくさんワインが飲めれば尚良しですね♪

IMG_6983

「フランスシャラン地方鴨のロースト」2,400円

鹿、子羊は要予約とのことでフランスシャラン地方鴨のローストを2人前いただきましたシャラン産の鴨肉の弾力を楽しんでもらいたいとのことで油を掛けながらarroser アロゼでじっくりと火入れされている様子ブラッドオレンジの爽やかな酸味の利いたソースシンプルにグリルした緑菜と牛蒡を添えてびっくりする程の歯応えで普段柔らかい鴨肉しか食べていないせいか久々に顎が疲れました(笑)こういう調理法もあるのですねオープンされて1年半経過されているのにあまりお店の情報もなく大通りより1本奥まった場所に面しているので紹介でもなければ知る由もなかったことでしょうゆっくりワインとおつまみを楽しみたい方には良いのではないかと思われます♪

フランス食堂 apéro アペロ
静岡県磐田市鳥之瀬115-4 TEL:0538-86-3396
上班時間:晚餐18:00-20:30 週一閉館:水曜日(不定休あり)
http://apero.jp/

静岡県磐田市鳥之瀬115-4

靜岡自治州西部充分資訊上美食餐廳在東京、 名古屋和海外!
食物日誌版本緩存目前提供資訊上美食餐廳,在超過 700。
< kakesta ★ 蛋糕到 >
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
事件和烹飪網站相冊
看到相冊已被谷歌的拍照 lade。
裝載的相冊
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

家庭烘焙咖啡焙燒爐在 Fukuroi"吸塑和日本餐廳"二月新豆"newguineapeaberry" 曼谷半島酒店的泰國餐廳"tiptla"充滿異國情調的晚餐
家庭烘焙咖啡焙燒爐在 Fukuroi"吸塑和日本餐廳"二月新豆"newguineapeaberry"
曼谷半島酒店的泰國餐廳"tiptla"充滿異國情調的晚餐

答覆

驗證碼


lade - 生活方式網路雜誌 | lade - 生活方式 WEB 雜誌 | 公司概述 | 谷歌 +
版權所有 (C) 2013 lade. 保留擁有權利。 版權所有任何未經授權擅自的複製的文章和圖片