lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

新たに「連理 レンリ」は東洋と西洋の融合によるコロニアル仏蘭西料理店として生まれ変わる

2013/12/08

_RIZ0070

もくれん通りに静かに佇みながらも、重厚感を醸し出し、庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物が、こちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わります。カフェ&レストラン「連理 レンリ」さんは2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープンいたしました。今回こちらで活躍されるシェフ尾上成彰さんは、岐阜の多治見での修行を終えた後、「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「ルッチコーレ」さんにてイタリアン並びにフレンチで10年ほどシェフを務まれてきた方で、今後は今まで培ってきた技術を最大限に活かし、東洋と西洋の融合による自家菜園を中心としたコロニアル仏蘭西料理店として営まれていきます♪

_RIZ0074

アイアンゲートは、1枚1枚の葉から全てアイアン職人の手によって巧妙な細工で作られており、壁面も職人の手で1つ1つ丁寧に石を積み上げ、まるでお城の門をくぐるかのようなシチュエーション。そしてその奥に構える一枚板の大扉は厚く、どっしりと構えられたその扉の重さにどこか緊張感が走ります。以前のレストランの頃からこの建物に一目惚れしてしまっていたわたしは、再び足を運べる喜びに包まれながらこの扉を開きます♪

_RIZ0110

こちらがフロント。右手にはテラス席と1階フロアが広がり、左手には半個室の4名部屋と6名部屋があり、席数は1階と2階すべてを合わせて55席ほどをご用意されています。

_RIZ0076

多くの方からのお祝いの見事な胡蝶蘭やお花が溢れ、中には大和リゾート株式会社の長門慶次さんからのお祝いも届いており、華やかな雰囲気でオープンの門出に華を添えられています♪

_RIZ0132

漆喰の壁と石壁の落ち着いた色調の1階フロア。大窓からは長閑な風景の庭を眺めることができ、しっとりとしたジャズが流れ、ゆったりとした時を感じます♪

_RIZ0108

こちらが半個室で、手前が4~6名、奥部屋は2~4名部屋となります。壁に覆われてはいますが、小窓からは一部の庭からの木々と木漏れ日が注がれ癒されます。予約優先となりますので、ご希望の方はあらかじめ予約電話にて申し出いただくと良いでしょう♪

_RIZ0111

ワインセラー。ワインの種類もさることながら、こちらではこだわりの日本酒などもご用意されていますので、料理に合わせてそれぞれに楽しむことが可能です♪

_RIZ0089

庭の景色を眺めながら、美味しい食事を味わえる至福のひととき。今は夏に花を咲かせるサルスベリの木が冬の寒さに耐え眠っておりますが春夏秋冬を楽しむこともできるお庭です。シェフ尾上さん曰く今後少しずつ梃子入れされていくようですよ。さて、この日はシェフ尾上さんのおまかせコースのランチをいただきます。通常メニューは、下記の通り。

ひるシェフのおもてなし
・5つのオードブルから3つお選びいただけます前菜。スープ、魚料理、肉料理、デザート、パン、コーヒー 2,850円(税別)

・肉料理、パン、コーヒー 1,600円(税別)
・魚料理、パン、コーヒー 1,400円(税別)
・パスタ、パン、コーヒー 1,250円(税別)、旬の食材お勧めパスタ、パン、コーヒー 1,850円(税別)
(上記3コースは、+1,000円にてオードブル3つとデザートが追加できます)

よるシェフのおもてなし
・オードブル、スープ、魚料理または肉料理、デザート、パン、コーヒー 3,800円(税別)
・オードブル、スープ、魚料理、肉料理、デザート、パン、コーヒー 5,000円(税別)
・オードブル2皿、スープ、魚料理、肉料理、デザート、パン、コーヒー 6,500円(税別)
・わが家のおすすめのコロニアルフレンチ(5皿それぞれの料理に合わせたお酒がそれぞれに付きます)スープ、デザート、コーヒー 12,000円(税別)
※アラカルト料理もあり、ご予算に応じてのコース料理または宴会料理も予約可能。

_RIZ0086

「前菜の盛り合わせ」

器は多治見の作家さんのものを使用され、和食とも思えるフレンチとの融合です。皮ハギの昆布〆、富士マスディールマリネ、アボガドテリーヌ、ウニ入帆立貝ムース、海老のカシスマスタード、カラスミ、自家菜園根菜添、都田産柿生ハム巻きとどれも味わいが優しく女性やご年配などに嬉しい仕上がりではないでしょうか♪

_RIZ0092

「タルマ春菊のスープにハマグリを添えて カプチーノ仕立て」

春菊の色鮮やかさに目を奪われます。タルマの春菊は香りこそ春菊らしさが出ておりますが、特有のえぐみは全く感じず優しいスープで中からは大きなハマグリが香ばしく弾力溢れ、このスープ絶品ですよ。尾上さん自身もお気に入りのスペシャリテのようです♪

_RIZ0094

「自家製パン」 表面カリッとしっかりもっちりの重量感のあるパン。

_RIZ0095

「ヤガラのポワレ 魚の出汁ソースとオニオンヌーボ」

上品で白身ながらに濃厚な旨みを誇るヤガラ。そちらをふっくらとポワレし、魚のお出汁を引き出して野菜をじっくり6時間以上炒め、そしていよそ12時間ほどコトコトと煮込んだソースは香草などもたっぷりと入り深い味わいです。添えられたオニオンヌーボは、篠原産の鈴木農園さんのもので、若々しさの中に甘さがしっかりとありとろけます♪

_RIZ0097

「龍神豚のロースト ラタトゥイユソース」

柔らかに仕上げられた竜神豚の旨味と脂の甘みを感じることのできる1品。下にはラタトュイユソースを敷いて。そして写真右手に添えられた根菜の”根パセリ”という日本ではあまり馴染みのない、ドイツやオランダ、東欧、ロシアなどで古くから親しまれてきた野菜が最高に美味しいです。根パセリと言っても根菜類でパセリというより、香りはまるでセロリ!そして土の香りがする牛蒡のような食感とお芋や人参のような甘みを持つ不思議な野菜です。こちらは、豚のラードと共にじっくりと6時間ほど煮込むことで柔らかく仕上げています。手間暇かけて食材の美味しさを最大限に引き出しているので味わったことのない野菜の旨味に出会えますよ♪

_RIZ0098

「フォンダンショコラにグラスバニーユ」 デザートは、季節柄フォンダンショコラとバニラのアイス♪

_RIZ0102

サクッとした中からは、とろ~りとチョコのナイアガラ(笑)濃厚ですが、しつこさのない味わいで食事の〆に嬉しいデザート♪

_RIZ0104

「コーヒー」 とてもゆっくりと食事を楽しませていただきました♪

_RIZ0118

遅がけに伺ったので、手の空いた尾上さんに店内を案内してもらいました。こちらは2階フロアで小さなカウンターバーと窓に面したテーブル席となります。こちらはカフェタイムも設け通し営業されるので、長閑な庭の風景を眺めながらのティータイムも幸せですね♪

_RIZ0126

2階バルコニーからの眺め。2800坪の広大な土地に広がるブルベリー畑は、赤く紅葉し、夕陽に反射し美しく輝いています♪

_RIZ0123

こちらは2階の個室。貸切でワイン会などのイベントでの使用が期待できますね♪

_RIZ0130

広大な土地を眺めながら、尾上さんから今後の展望をじっくりと伺うことができました。着実に1歩ずつ様々なアイディアを実現させていくようで、そのプランがまたとても興味深いものがありました。目を輝かせながら話される尾上さんはまるで期待に胸を膨らませ夢を追い掛ける少年のようにとても楽しそう。話が弾んでしまい夕暮れ時を迎え、辺りに電灯を灯す時間になると、昼の陽射しの中も素敵なのですが、夜は夜でとても静寂でムーディーな大人空間を繰り広げておりました♪

_RIZ0136

オープンまで走り続けたせいか10kgもお痩せになられたようですが、活き活きとした毎日を過ごされているようで、肩の力を抜いた良い笑顔をおさめることができました。尾上さん、また伺いますので是非ともブルーベリ狩りに参加させてくださいね~♪

カフェ&レストラン 連理 レンリ
浜松市北区都田町8501-2 TEL:053-428-7000
営業時間:10:00~22:00 定休日:木曜日

浜松市北区都田町8501-2

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

常連がいつも賑わうラーメン「ワンタン軒」の定番メニュー プレ葉ウォーク内「ワインブティック パニエ 浜北店」でおうちごはんを数倍楽しむワインセレクト
常連がいつも賑わうラーメン「ワンタン軒」の定番メニュー
プレ葉ウォーク内「ワインブティック パニエ 浜北店」でおうちごはんを数倍楽しむワインセレクト

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます