lade | WEB Magazine, de la Espriella

It's focusing on gourmet, Hamamatsu-Shi, Shizuoka、Overseas travel、To deliver the lifestyle information such as design WEB Magazine alleys

Marriage of food and rare wine of "Ragappu L'AGAPE" to pursue a classic style with careful work

2013/07/30

_RID0007

France cuisine located on the corner of Aoba-Cho, fujieda Qingdao junior high street tenants 'Restaurant L’AGAPE"Just showed up flying the flag of France。Main street from fujieda station is approximately 5 minutes away by car is not、I feel like know shop。こちらに訪れるのは相方は今回で3回目わたしは2回目WEBマガジンを運営するにあたって極力お店紹介新規開拓を理想としておりますが、4月から立ち上げたladeが4ヶ月の間にラガップさんは掲載させていただくのは3回にも及びますおよそ月に1度のペースで訪れたいお店ということになりますね。This time the、いつもお世話になっているO様夫妻をご紹介したく4人で伺いました♪

_RID0015

This restaurant is open to the 9/2008。Owner-chef Mr. Takayuki Matsushita Tokyo.、Gain some experience in your stores in the Kansai region、I was told was trained in France。Interior is simple with 12 seats in the atmosphere、It is a small restaurant。With Chef Matsushita's parents get a little、1Both kitchen and Hall has been Palazzo。Cooking course。Choose from dishes like prefix style。Lunch and dinner is configured on the same menu.、Only lunch main 1 handy provides A course 1890 Yen。This time the、O氏の希望でメーン3皿のコースmenu C 4,210円をそれぞれにオーダーしました♪

menu A (Maine one article) 1,890 yen
menu B (Maine 2 dishes) 2,840 yen
menu C (Maine 3 dishes) 4,210 yen
menu D (Maine 4 dishes) 5,630 yen
menu E (※ To be approximately) 8,000 yen,10,000Circle
Bread、Soup and coffee、Dessert

_RID0018

「エール・ダルジャン2009」フランス 白(持込ワイン持込料ワイン1本に対し1,000円)

世界でもっとも偉大な五代シャトーの内の1つである”シャトー・ムートン・ロートシルト”が造る数少ない白ワインエールダルジャンとは”銀の翼”という童話にちなんで命名見事なまでにパール・ゴールドに輝く色合いと光沢感口当りは丸く滑らかな中華やかさとコクがあり優美な凝縮感に溢れていますラガップさんのフォアグラのテリーヌなどの濃厚な皿に負けることなく余韻を楽しませてくれる貴重な高級感溢れる白ですワインと料理のマリアージュとはまさにこのこと至福のランチタイムのスタートです♪

_RID0019

「フォアグラと豚肩肉のゼリー寄せ パセリ風味」

フランスはブルゴーニュ地方の郷土料理の1つジャンボン(ハム)・ペルシェ(パセリ)。Foie gras、豚肩肉、Cured ham、パセリを重ねてゼリー寄せにしてあります塩〆してボイルした豚肩肉がほろほろと口中でほのけソテーしたフォワグラの濃厚さと相まり絶妙な味わい!それぞれが濃厚で主役級のボリューム感ある素材ですがそこは細かく刻まれて大量に注ぎ込まれたイタリアンパセリが中和役としてバランスを保ち一体感を持たせていますO夫妻の大好物でもあったようでお気に召していただけてはるばる浜松からお連れしただけのこともあり御2人の笑みが垣間見れ嬉しい瞬間♪

_RID0020

"Foie gras terrine"

The terrine, foie gras marinated in Cognac is made。Jams is attached without let。Faint in agony in the depth of the smooth melt on the tongue and palate。In preparing and cooking method、Taste a very careful job Buri。And after a long day alone、すもものコンフィチュールと一緒に味わいますこれが真のフォアグラなのですまるでデザートのような1品♪

_RID0024

「サーモンと海老のムース ブリオッシュ包み」

サーモンと海老のムースをブリオッシュで覆いテリーヌ型で焼き上げていますバターをたっぷり使用したリッチ感溢れるブリオッシュとの組み合わせは表面サクッと中はもちっとしっとりサーモンの程好くのった脂と海老のムースがとろけ合い相性も抜群ですシェフの松下さん曰くフランス古典料理は美食を追求する執着や執念をとても感じられるようですそしてそれを無秩序に体を壊してまでも食べ続けてきたフランス人達”フランス人は生きるために食べるのではなく食べるために生きる”という諺(ことわざ)がありまさにその通りであると現代のフランス料理とは違い生命力みたいなものを感じてしまうそうですそんな松下さんの料理はまさにその古典的なスタイルを愛し追求しています料理への愛情を注ぐことに力を惜しまない方なのです♪

_RID0025

「茄子と近海いわしのシャルロット仕立て」

茄子の果肉とソテーした鰯を刻み茄子の皮に包みシャルロット仕立てにしています。Look、真っ黒なプリンのような出現に一同驚きを隠せませんでしたがこのあと見た目と味わいのギャップに2度驚くのです(笑)茄子の皮に包まれた山の中にはとろんと滑らかな茄子に鰯の旨みをマッチングさせトマトの程好い酸味が混ざり何とも言えない食感と風味ですここ数回味わって思うことですが松下さんは茄子の使い方が絶妙で料理に感動すら覚えてしまいます♪

_RID0021

Homemade bread

2種の自家製パンが味わえ、This time the、くるみとレーズンのカンパーニュとパンドゥミ。And the "pandemic"、Unlike the bread hard systems enjoy the flavor of the crust (crust)、Is a bread crumb (contents) to taste of France。Here is、So flour and toasted French bread-flour,、During the surface crunchy texture and the filling is.、Sweet。滑らかなソースを吸収しやすくなっておりフレンチならではのパンです♪

_RID0022

「ポークリエット」

Here is、If you like, we will give a pan。The slick and bruise、Was exasperating not mild flavor。O夫人はお持ち帰りしたい・・・と何度も口ずさんでいましたわたしも同感です(笑)

_RID0027

「南瓜の冷製ポタージュ」

キンッとひやされた器に滑らかな南瓜のポタージュ余計なものを一切入れないシンプルな味わいですが奥が深いです♪

_RID0035

「クプラ オアジ・デリ・アン ジェリ 2009」イタリア 赤(持込ワイン持込料ワイン1本に対し1,000円)

イタリアでも幻 のワインとして崇め られ平均樹齢100年以上の古代品種ボルド100%で造る”クプラ”ヴェロネッリやエスプ レッソが幻のワインと謳うク ルニは年間生産本数6000本ですがクプラの年間生産本数はさらにその1/10以下で2樽のたった560本のみ!とても希少価値の高いワインなのです!(歓喜)ワイン造りにおける畑から醸造に至るまで一切妥協のない徹底した完璧主義を貫く生産者マルコ氏の姿勢が顕著に現れるワイン正式にリリースされたのは2006ヴィンテージからその後はマルコ氏が納得のいくヴィンテージしかリリースしないため今まで2006,2008そして今回の2009ヴィンテージしか世に出ていないのです!味わうにも恐れ多いですが美味しく楽しく呑まれてこそのワイン(笑)豊かな赤い果実のコンポートやハーブスパイスなど継ぎ目なく広げ密度の高い香りがエレガントで上質な背景を楽しませてくれます。This is、松下さんの提供する鴨のローストに合わないわけがありません!さすがのワインのセレクトを絶賛しているとO氏は一言”ベストを尽くせ!”と自分にいつも問いかけるのだそう本当に格好良い御方です!

_RID0028

"Roast of Tasmanian lamb loin (yen +700)"

肉汁が広がり味わうごとにほのかに香る子羊の甘い香りが特徴子羊の出汁で作った旨味溢れる優しいソースを添えていただきます前回の脂身が少ない部位の方が好みだったので次回は予約の際にお願いすることにしましょう♪

_RID0030

"France Challans production suffocation duck roast and confit (yen +800)"

This restaurant is a couple we push menu。Painted breast honey duck with ETFE, roasted、Confit with two delicious taste of duck thigh meat, provide。And étouffée (suffocation)、Originally、Put the needle to the back of the neck、And in a State of suspended animation、The bird carcass without removing blood.、Is there a way to ETFE with electric shock in recent.。By letting ETFE、With engorged blood in the body of the duck、As a result the blood into the meat rotates。Thereby、Strong flavor of duck meat containing iron is delicious。Is that first you bite from a roasted chicken breast、Moderate elasticity and chew, juice comes out overflow。And spread, rich with juice、Body and soft and moist and rich, smooth。The confit、The skin is crispy texture well、Please wear soft。Gem Supreme chanceller oneness in the source extracted from the bones.

_RID0031

Dessert assortment

Choose from written on the Blackboard for dessert。This time the、チョークを切らしたとのことで松下さんの手書きメニューが登場飾らない素直さがB型の彼らしいかも(笑)桃のコンポートレモンプリンブルーベリータルトと3種のデザートは、Each bit may I have come that as you have in your stomach、Let's all types。どれも本当に味わってほしいものばかりだからです!氷菓は黒板に書かれている中から2種類をチョイスします。This time the、Hazelnut、Spice、Caramel、酒粕、Yogurt、すももの6種の中からヨーグルトとキャラメルをセレクト桃のコンポートは桃が出始めたこの時期に白ワインとバニラビーンズで香りつけしシロップでコンポートにシロップにゼラチンを入れてジュレにして桃と共に夏の蒸し暑さを忘れる1品レモンプリンはこの上ない上品な酸味と香りブルベリータルトの甘さ優しい味わいとタルトのしっとり加減も好ましいです見た目はシンプル、However,、そのシンプルさの中に松下さんの愛情が込められたデザート最高です♪

_RID0034

"Coffee"

Coffee Crema covered surfaces are clean。Good Crema is more detailed、Stir well away、To mellow the flavor、香りを口の中に持続させてくれます♪

_RID0032

Galette Bretonne

Place butter in a France、Brittany regional confectionery。Will France、Butter is rich with salted butter cookies。Enjoy a crust with texture、しっとりとしたとても美味しいガレット昼からのレアワインと共に午後のひとときを贅沢に感じるランチとなりましたそれも常に美味しく提供してくれる松下さんの料理とO氏の頭脳明晰な解析力とイメージ力によってセレクトされたワインの初共演の賜物だからですね!本当にありがとうございました♪

ラガップ L’AGAPE
Fujieda-Shi Aoba-Cho 3-3-28 phone:054-637-0290
Hours of operation 11:30-14:00 18:00To 22:00 Closed on Mondays:Wednesday
http://lagape.jp/

Fujieda Aoba-cho 3-3-28

Shizuoka Prefecture West Center packed with information on gourmet restaurants in Tokyo, Nagoya and overseas!
Food log version caches to currently provides information on gourmet restaurants in more than 700。
<kakesta>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
Events and cuisine photo WEB album
See the photo album has been taking a Google Photo of lade。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

Test drive the new Quattroporte Maserati Nagoya Spend the afternoon in the afternoon tea relaxing
Test drive the new Quattroporte Maserati Nagoya
Spend the afternoon in the afternoon tea relaxing

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | lade - Lifestyle WEB magazine | Company Profile | Google
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. I will strictly prohibited unauthorized copy or reproduction of published articles, images