lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「ルヴァン」のその日お勧めのワインで打ち上げミーティング二次会

2014/10/26

 RDF01081

ゆったりとした時間を過ごしながら美味しいワインをいただきたい・・・となれば思い出すのが、浜松は肴町にあるミュゼ肴町ビル2Fにありますワインバー「Le Vin ル・ヴァン」さん。ワインバーならではの、数多くのグラスワインとそれに合わせたチーズのマリアージュが無数に楽しめ、大人たちがまるで隠れ家のように静かな時を奏でるに相応しい場所となります。店内は、10名ほどが腰掛けれる上質なウォールナットを使用した長く大きなカウンターと、ソファで寛ぐテーブル席がひとつ。座り心地の良い椅子が置かれ、腰を下ろせば、壁に飾られたフランスの画家アンリ・マリー・レイモン・ド・トゥルーズ=ロートレックの画が目を惹きます。カウンターのバックバーには、天然の石版が埋め込まれフロアー全体を落ち着いた空間へと誘います♪

_RD20154

氷箱里さんでお腹を満たした後に伺ったルヴァンさん。この日は、シェフがお休みでオーナーソムリエの寺田克也さん御一人で営業されていました。日曜の遅い時刻は、比較的静かなようです♪

_RD20152

「Farr Rising Sagnee ファー・ライジング・セニエ 2013」オーストラリア ロゼ

ル・ヴァンさんには、その日お勧めのワインが必ずあります。好みを伝えて出していただくのも良いですが、寺田さんにお任せするのも良いでしょう。この日のお勧めは、オーストラリアのファー ・ライジングのロゼ。若き生産者ニック・ファーのキャリアは、偉大なる父であるギャリー・ファーから受けた、食とワインへの情熱がキッカケ。幼少時代、実家のブドウ畑で草取りをして過ごし、大学を卒業してからは、ローズマウント エステートの研究室で働き、その後アメリカにあるクリストムとオー ボン クリマでヴィンテージを、そして家族ぐるみの友人であるセイエスと共にブルゴーニュのドメーヌ デュジャックにて計4年の月日をかけてヴィンテージを研修。個々のブドウ畑の色を反映しているニックのワインは、極めて特徴的で繊細かつ複雑。父親の造るワインとは違ったスタイルを持つニックのワインは、その豊かな個性においてそれぞれ高い評価を受けているそうです。美しいサーモンピンクで赤いさくらんぼやアセロラの香りを持ちます。ロゼとは思えない味わいが力強く感じ、愛らしい旨味が溢れるワインです♪

_RD20156

自然体の寺田さんをパチリ。最近は、どの角度で撮ればスリムに見えるか格闘しています(笑)そうそう、この日のお通しは、ル・ヴァンさんで作った「自家製おかき」でした!(驚)トリュフの香りを纏った贅沢なおかきは、お餅を細かくカットして乾燥させてから揚げているそうです。写真に撮り忘れましたが美味しかったです!寺田さん、美味しいワインをご馳走様でした♪

Wine Bar Le Vin ワインバー ルヴァン
浜松市中区肴町318-26 ミュゼ肴町ビル2F TEL:053-413-1450
営業時間:18:00~26:00 定休日:月曜日
http://www.le-vin.jp/

浜松市中区肴町318-26

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「氷箱里ビンシャンリー」の飲茶点心を頬張りながらセミナー後の打ち上げ! 所沢の隠れ家的なイタリアン「CPレストラン」でいただいた美味ランチ
「氷箱里ビンシャンリー」の飲茶点心を頬張りながらセミナー後の打ち上げ!
所沢の隠れ家的なイタリアン「CPレストラン」でいただいた美味ランチ

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます