lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

新規オープンのタイ・ラオス料理「サラカムイサーン」の2号店「サラカムイサーン2」

2015/01/06

IMG_4715

小豆餅にあるタイ・ラオス料理の専門店「サラカムイサーン」さんの2号店が昨年2014年11月20日積志町に「サラカムイサーン2」として新規オープンされました。積志町の二俣街道沿いの古民家をリノベーションされており、目印は、店前に掲げられたタイの国旗と大きな黄色い看板です♪

IMG_4711

目印の看板

IMG_4716

店内は、入口直ぐにカウンター4席を設け、その前に厨房が見え、本店よりも広々としています。オープンされたばかりということもあり、開店祝いのお花で賑わっています。こちらのスタッフさんはタイ人となりますが、スタッフさんの中に1人日本人がいらっしゃるので、言語には困りません♪

IMG_4717

フロアは、4人掛けのテーブル席が6つで24席となり、テーブルの間隔も余裕があり、ゆったりとした空間です。BGMがなく、少々静かなところが寂しいですが、本店の手狭間を考えると、こちらではかなりゆとりを感じます♪

IMG_4723

メニューを拝見すると驚くことに、明らかに何点か写真のクオリティが違い、ladeのカメラマン根建孝弘の写真が目に飛び込んできました!(驚)以前、本店のサラカムイサーンさんに伺った時の写真です(笑)基本的に当WEBマガジンでは、画像の無断転載や複製は一切禁じており、WEBマガジン末尾で警告させていただいておりますが「一言いってくだされば良いのに・・・ね」と思わざるをえません(笑)

IMG_4725

「カオパット タレールアムミット」950円

具沢山の五目海鮮チャーハンで、タイ語で、”カオ””ご飯””パット””炒める””タレー””海””ルアムミット””具沢山”を意味します。独特なタイの調味料が利いており、ほのかな甘さと少々のスパイシーさが後を引きます♪

IMG_4728

「ガッパオ ガイ」890円

タイの名物料理で、鶏肉をナンプラーなどで甘辛く炒め、ホーリー・バジルの香りを効かせた癖になる味わいの料理です。辛さはそれほどでもありませんが、味が濃い目なのでライスと一緒に頼むと良いかもしれません♪

IMG_4731

「ゲーン キアオ ワーン ガイ」950円

鶏肉のグリーンカレーで、タイ語で、”ゲーン”“スープor カレー””キアオ””緑””ワーン””甘い””ガイ””鶏肉”を意味します。唐辛子の辛さが後から来ますが、ココナッツミルクでマイルドな口当たりになっています。ライスで食べても美味しいですが、タイでは素麺で食べることもあります。わたし達夫婦はタイ料理が大好きなので、今月末にタイへ旅行しますが、今から少しずつタイ語も勉強したいと思います!コープクン・カー(女性:ありがとう)♪

サラカム イサーン2
浜松市東区積志町406 TEL:053-571-5888
営業時間 11:00~14:00、17:00~22:00
定休日:不定休

浜松市東区積志町406

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「ホテル コンコルド」内のティーラウンジ「ボンジュール」にて新年のご挨拶 フレンチ「L’AGAPE ラガップ」にて1年に1度の大吟醸「磯自慢ビンテージ」で新年会
「ホテル コンコルド」内のティーラウンジ「ボンジュール」にて新年のご挨拶
フレンチ「L’AGAPE ラガップ」にて1年に1度の大吟醸「磯自慢ビンテージ」で新年会

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます