lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

本格タイ料理「タイレストラン ラッタナー」で辛さと旨さを味わう晩酌ディナー

2014/06/06

_RDV0112

2010年6月にタイストア「ラッタナ」は、「タイレストラン ラッタナー」をオープンしました。”ラッタナ”とは水晶玉のことで、”ラッタナー”は可愛い女性という意味です。”ラッタナ”は仏教では重い言葉なので、酒類を出す店名に使うことはできず”ラッタナー”にされたそうです。女店主のニパラットさんは、チェンマイ市よりさらに北部のサンカムへーン(チェンマイ県)の出身で、日本では珍しいチェンマイ料理を得意とします。彼女の実家ではチェンマイスタイルのソーセージ・サイウア(くるくるっととぐろを巻いているチェンマイ・ソーセージのこと)の製造販売を家業にしていましたので、コックも子供のころから作っているので間違いなく日本一のサイウアです。かつてニパラットさんが松本市で営業していたレストラン・ホントンは、週末に東京から通ってくる人がいるほどの人気店。しばらく離れていましたが、2009年から趣味として各地のタイフェスティバルで出店し、高い人気を得たそうです。特に横浜タイフェスティバルでは全国から集まった有名店の中でも一番の行列を作ったほどの腕の持ち主です♪

_RDV0114

店内は、テーブル席10席、壁面のカウンター席4席とこじんまりとされていますが、日本人をはじめ、タイ人のニパラットさんのお友達も集うとても賑やかな空間です。この日は、仕事帰りに都田町にある「連理 レンリ」さんの尾上成彰シェフが定休日でお休みされているところをお誘いしてディナーに伺いました。この日の夜もラッタナーさんは、あっという間に満席になってしまうほどの人気ぶり。夜のメニューは、アラカルトで前菜やトムヤンクンなどのスープ、炒め物や揚げ物、カレーなどのご飯ものが充実しており、アルコールと一緒に楽しむ方の姿も見えます♪

_RDV0115

タイのスパークリングワイン「SPY レッド」500円

アジア8ヶ国で販売されているタイで人気のスパークリングワイン。グラスに2杯分ほどの飲み切りサイズ275mlで、ワインをソーダ水で割ったものになります。少々甘めなのでワインは苦手だけどカクテルは好きというような女性に好まれそうな味わいです。わたし達夫婦は甘いワインが苦手なので興味本意でいただきましたが、ジュースのような感覚のスパークリング。それでもアルコール度数は6%なので、甘いお酒には要注意です(笑)

_RDV0116

「カイジャオ(タイ式卵焼き)」600円

タイ人が一番郷愁を感じる定番家庭料理。ふわっと柔らかい卵焼きの中には具材たっぷりで食感も楽しめます。どこか心がホッと癒される味わいで、日本でいうお袋の味のような感覚の卵料理でしょう♪

_RDV0117

「サイウア(手作りチェンマイソーセージ)」100g 600円

サイウア製造の家に生まれたシェフ自慢の一品。なかなかの辛さを感じるスパイシーな味付けで、レモングラスやコブミカンの葉といったハーブが効いており、独特なソーセージで癖になります♪

_RDV0119

「パットパックカナー(カイラン菜の炒め物)」900円

しっかりとした歯応えが魅力の野菜、カイラン(芥藍)菜を海老と一緒に炒めます。カイラン菜とは、ケールを先祖とするキャベツの仲間で、中国南部、東南アジアの亜熱帯~熱帯地方で多く栽培されています。その為、中国料理の材料として、中国、東南アジアでは多く消費されているそうです。緑の濃さはホウレンソウ以上で、火を通すと甘みが増し、茎はブロッコリー、そしてキャベツの芯の甘さ、アスパラガスの食感を足したような不思議な野菜。それでいて個性のある味わいで、シャキシャキッとした歯応えが楽しめ、プリップリの海老と一緒に食感を楽しむ1品です♪

_RDV0120

「ヤムクラゲ(花クラゲのサラダ)」1200円

花クラゲは中華でよく使う食材ですが、タイ料理でも使われます。ヤムウンセン(春雨サラダ)と同じ味付けでさっぱりとしているため、これから暑くなる時期にピッタリのピリ辛サラダです。花クラゲのコリコリとした触感が最高で、こちらもまた癖になる味わいです♪

_RDV0121

「トムヤムクン(海老スープ)」小1,000円

鶏ガラスープの出汁と海老味噌、ココナツミルクの旨味がたっぷりのラッタナーさん一押しのお勧め料理。日本ではまず手に入らない、生のヘッドトープ(ホコリタケ)と生のフクロタケが入った食感の楽しめるトムヤムクン。ヘッドトープとは、日本のツチグリと同類のキノコで、コリコリして弾けるような触感と山の香りが魅力。特にタイ北部で人気のある食べ物です。東南アジア諸国では、調味料の味付けが濃いので出汁を重視しない傾向があるようですが、ニパラットさんの作るトムヤムクンは、手間暇をかけて作った鶏ガラスープをベースに使用し、そして有頭海老、さらにペーストとココナツミルクの秘密の割合(黄金比率)で作られる奇跡のトムヤムクンは最高ですよ♪

_RDV0122

「パットガパオ(香草の炒め乗せ御飯)」900円

ガパオ(ホーリーバジル)を使用した炒め物。鶏、豚、または魚介で選べます。メニューには、御飯セット(目玉焼き付)で載っていますが、お酒の当てにおかずのみでオーダーしました。甘辛を楽しむ良いおつまみです♪

_RDV0123

「パッタイ(タイ式焼きそば)」900円

タマリンドなど多彩な味わいの甘辛味の麺料理でタイでいう焼きそば。生もやしが付いてくるので混ぜ合わせて、お好みで唐辛子パウダーや粉末アーモンド、砂糖やタイの酢をかけていただきます。ちょっとしっとりした麺にシャキシャキッとした食感のモヤシとの組み合わせが最高に美味しいです♪

_RDV0126

「チャーンビール」500円

タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。1998年度国際ビールコンテストで金賞を受賞し、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪

_RDV0127

「シンハビール」500円

1933年にタイで生まれ、王室にも認められた由緒あるプレミアムビール。”シンハー”とは古代神話に登場する獅子のこと。一番搾りから醸造され、独特で豊かな味わいが加わったビールは、アジアンスタイルならではのバランスの取れたスパイシーな味わいを持っています♪

_RDV0124

「タイの辛味噌 胡瓜 タイのもち米」

いつもわたし達が注文して食べた料理の写真を、ニパラットさんのご主人様がお店のホームページや店内で流すフォトギャラリーで使われているので、番度プレゼントしているのですが、その御礼にと、またしてもサービスしていただきました!(感謝)こちらは、タイの辛味噌だそうで胡瓜に付けていただくとビールの当てに最高です!タイのもち米にも付けていただくと風味豊かでパクパクと食が進みます♪

_RDV0125

「小魚のフライ」

こちらもサービスしていただきました。小魚をカリッカリに揚げられて、スナック菓子のようにいただきます。お酒にピッタリのおつまみが豊富に揃うラッタナーさん、最高です!尾上さんとわたし達は家がご近所なことから、これからもちょくちょくご一緒できればと思いますが、こちらのラッタナーさんは、気にはなっていたけど初来店とのこと。体力作りのウォーキングコース沿いということもあるようで、大変気に入っていただけて嬉しい限りです!ニパラットさん、また伺いますね~♪

タイレストラン ラッタナー
浜松市北区初生677-5 TEL:053-523-7233
定休日:月曜日 営業時間:11:00~14:30 17:00~22:30
http://www7a.biglobe.ne.jp/~nipparat/

浜松市北区初生677-5

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

富塚の「イルクッチョロ」仔犬を意味する人気イタリアンで愉しむディナー もっちりとした自家製麺が楽しめる「ワンタン軒」に新しい修行者登場!
富塚の「イルクッチョロ」仔犬を意味する人気イタリアンで愉しむディナー
もっちりとした自家製麺が楽しめる「ワンタン軒」に新しい修行者登場!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます