lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

低糖で甘みを抑えて「ゴロッと苺の自家製コンフィチュール」

2013/06/07

_RIC0044

ほんの数日前、日曜日にお誕生日を迎えるH様に大好きなコンフィチュールをプレゼントして差し上げたくて、急遽時期遅しの苺ちゃんを探すことにしました。しかし、既にファーマーズマーケットやスーパマーケットでは見かけることもない苺ですので、Facebookで呼び掛けてみたところ、いつも美味しい苺のコンフィチュールをお裾分けしてくれるお友達の綾子さんが袋井の「高橋苺農園」さんをご紹介くださいました。既に売り物としては出さない苺を、大きなスチロールケースに溢れる程一杯の量(約8kg)を破格の値段で譲っていただくことができました!(感謝感謝)お店の人並みに大量仕込みのはじまりはじまりです♪

_RIC0045

苺の下ごしらえは、まず綺麗に洗いヘタを取り除き、水気を十分に取っておきます。

_RIC0049

苺の重さを計り、それに対し20%分の砂糖を用意します。苺全体に馴染むように砂糖をかけ、およそ一晩寝かし苺の水出しをしましょう。

_RIC0051

水分がたっぷりと出たら、深鍋で一度沸騰させ、灰汁を少しずつ取り除きながら、徐々に中火にしていきます。コトコト煮込みながら、灰汁は丁寧に丁寧に取りましょう。灰汁が残ると苺の鮮やかな色合いが保てません。

_RIC0053

煮詰めていくと水分が半分以下の量に減り、苺の粒感はありつつもとろとろと柔らかくなったら、搾りたてのレモン汁を砂糖と同じく苺に対し20%ほど注ぎ入れます。レモンの酸味がまろやかになるまで暫し煮込みます。そして、煮沸消毒した瓶を乾かし、温かい内に詰め、余熱が取れたら蓋をし冷蔵庫へ。温かい内に蓋をしてしまうと、霜が苺に降りてしまい、水分を含んだ苺瓶はカビの原因を引き起こすので要注意です!

_RIC0043

「ゴロッと苺の自家製コンフィチュール」

苺の粒を残さず潰される方もいますが、これは好みの問題でしょう。わたしは断然ゴロッと果肉感が残ってる方が好みです。甘さも20%と、他の方々のレシピに比べれればかなり糖質減量ですが、本来苺はそのままでも美味しいので、賞味期限さえ守れば低糖がオススメですよ♪(冷蔵庫内の保存でおよそ2週間ほどです。大量に作られた時は冷凍保存にいたしましょう。)

_RIC0042

「ゴロッと苺の自家製コンフィチュール 赤ワインバージョン」

レシピはノーマルとほぼ一緒です。深鍋で煮る際に赤ワインをこちらも苺に対し20%入れて煮込むだけの簡単アレンジ。ワインの種類にもよりますが、程好い酸味と少し大人なコンフィチュールの完成です。さてさて、完成したコンフィチュールは冷蔵庫内で一晩寝かすと、より美味しくなるので明日のモーニングに試食してみましょう。そして、日曜日には可愛くラッピングし、H様へ気持ちを込めてお贈りしようと思います。今回は思いのほか大量に作れたので、あなたのお宅にも届くかもしれません!?(笑)あなたは、ノーマルと赤ワインバージョンのどちらがお好みでしょう♪


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

カジュアルに中華を楽しむ「CHINA KITCHEN 翠園」の週替わりランチ 自己責任を知ることの大切さ
カジュアルに中華を楽しむ「CHINA KITCHEN 翠園」の週替わりランチ
自己責任を知ることの大切さ

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます