lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

友人夫妻を我が家にお招きしてイタリアンフルコースディナーでホームパーティ

2013/12/19

_RIZ0110

しとしとと久々の雨に降られ、珍しく我が家の暖房を全開でスイッチONにして出迎えたのは、わたしの元同僚の彩音ちゃんことネイリストで「at.nail アットネイル」オーナーの新村(旧姓:海津)彩音ちゃんご夫妻と4月に生まれたばかりの愛息子ちゃん3人。彼女が独立してネイルサロンをオープンさせてからというもの、わたしの浜松でのネイルはほぼ彼女にお任せしてきました。とてもセンスが良く抜群の技術力でいつも120%の満足度を与えてくれるからです。そんな彼女が以前から「あやこさんのお家に遊びに行きたい」と言ってくれていたので、今回彩音ちゃんのご結婚&ご出産のお祝いの乾杯も兼ねて我が家にご招待する運びになりました。久々のホームパーティが楽しみで食材探しにも力は入ります。この日は、とあるルートを使い鹿と猪をまたもや入手することができたので、イタリアンのフルコースディナーでおもてなししたいと思います♪

_RIZ0121

愛息子ちゃんと旦那ちゃんとは2度目ましてですが、最初から最後までマイペースさを崩さないままグズることなくお利口さんでいてくれた息子ちゃんとは正反対で、旦那ちゃんは人見知りが激しいらしく(笑)最初はよそよそしさがありましたが、お酒も入り直ぐに打ち解けてくれてとても楽しい会となりました。旦那ちゃんの新村雅洋くんは現在ゆりの木通り沿いの「DRINK&FOOD LEADER ドリンク&フード リーダー」さんの店長さんをされていて、わたし達夫婦と趣味が一緒で”美味しいもの好き”で”料理好き”ということもあってか、終始そんな話で盛り上がりましたね♪

_RIZ0113

「パトリック スティラン シャンパーニュ ブラン ド ノワール グラン クリュ」フランス

新村家からの嬉しい差し入れのシャンパーニュは我が家から程近い「酒のバオオ」さんで選んできてくれたそうです(感謝♪)。まずはこちらで乾杯。パトリック スティランの所有する畑は3ヘクタールのみ!と究極の小規模シャンパーニュ生産者です。グランクリュ格付けのアンボネ村のピノノワールを100%使用しており果汁はキュヴェ(初搾り)100%ですっきりとした味わいの辛口です♪

_RIZ0105

「前菜の6点盛り」

鶏胸肉のチーズ隠元巻き、きのこのマリネ、オニオンのコンソメ煮、人参のサラダ、ほうれん草とベーコンのキッシュ、オリーブ。前日から鶏胸肉は観音開きにカットし、香澄(野菜ブイヨンの粉末)で旨味を染み込ませた後にオリーブオイルとローズマリーで香り付けするために冷蔵庫で一夜漬け置きします。とろけるチーズと隠元豆を中に忍ばせて巻き付けたらシリコン紐で縛り、軽く表面に塩、胡椒して中火でガーリックソテー。白ワインを投入しフライパンの蓋をして弱火で蒸し焼きにします。焼き上がったらシリコン紐を外し、崩れないようにサランラップでくるんでそのまま寝かせましょう。盛り付ける前に1cm以内の輪切りでカッティング。隠元の彩りが綺麗なさっぱりとした鶏ハムのような味わいでいただけます。きのこのマリネは、舞茸としめじは手でほぐし、大振りな椎茸はスライス、ガーリックと唐辛子でソテー、ハーブソルトで下味を付けて火が通ったら白ワインビネガーとバルサミコ酢をお好みで少量回しかければ完成です。オニオンのコンソメ煮は、前日に圧力鍋でガーリックでベーコンを炒めたら、1.5cmの輪切り玉葱を入れ、玉葱が隠れるぐらいの水と適量のコンソメ顆粒、ひとつまみの塩を投入し、低圧3分→放置20分でとろとろの玉葱に仕上げ、そのスープと共に冷蔵庫で一晩寝かせます。盛り付ける前に電子レンジで温めれば完成です。人参のサラダは、スライサーのつま切りで細くカッティングし、松の実を入れ、レモンドレッシング(レモン、オリーブオイル、穀物酢、塩、砂糖)と黒胡椒で味付け。ほうれん草のキッシュは前回のレシピを参考に。オリーブは通い詰めているアピタ初生KALDIさんでイタリアからの新作を購入。前菜の盛り合わせはあらかじめテーブルにセッティングしておくので、冷めても美味しいものを用意します♪

_RIZ0116

「牡蠣のジェノバソース バケット添え、トマトと水牛モッツァレラのカプレーゼ」

牡蠣のジェノバソースは、先日「La Casa ラ カーサ」さんでいただいたのがとても美味しかったので真似っこさせてもらいました。大きな牡蠣は塩水で洗い臭み取りをしてから湯引きしてキッチンペーパーの上で水気を取り除き、小麦粉をはたきガーリックソテー、焼き目が付いたら白ワインとバターを投入し、最後にジェノバソースとフレッシュバジルの千切りを加えて絡めたら完成です。プリプリ食感の濃厚な牡蠣をバゲットに乗せてそのままガブリと行ってください♪

_RIZ0119

「ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラッシコ 2012 サルタレッリ」イタリア 白 750ml 1,600円

白と赤は料理のコース内容を説明して「WINE BOUTIQUE PANIER 浜北店」さんで小野由紀子さんと鈴木あけ美さんにセレクトしてもらいました。少し緑がかったレモンイエロー色、甘くコクのあるアロマ。青草、ミント、ハッカ、ミネラルの香り、うま味が凝縮された上品な果実の香りを持っています。アフターには特有のビターなニュアンスがあります。惹きつけられる魅力的な香りと口当たりで、味わいに厚みのあるヴェルディッキオです。ガンベロロッソ発行の「ベーレベーネローコスト2013」では、マルケ州No.1コストパフォーマンスワインに選ばれています。冷えている時よりも、少し温度が上がってきた時の味わいが美味しく、料理にもとても相性が良かったです♪

_RIZ0123

「ジャガイモのポタージュ 帆立のソテー」

キタアカリを2個、皮を剥き灰汁抜きをしておきます。玉葱を半個薄くスライスしてバターでソテー、そこへ500ccの水とコンソメ顆粒大さじ1、水切りしたジャガイモとローリエの葉を1枚投入しジャガイモが柔らかくなるまで煮込みます。ローリエを取り出したら一旦ミキサーにかけ、鍋に戻し牛乳(濃厚な味わいがお好きな方は生クリームでもOK)でお好みの濃さにのばします。塩で味を調整すればポタージュは完成。帆立は刺身用のものを軽くハーブソルトで下味を付けてガーリックソテー。器のセンターに盛り付けて、ポタージュを注ぎ、最後に生クリームを回しかけたら完成。優しい味わいのポタージュですよ♪

_RIZ0124

「濃厚カルボナーラ」

パスタは旦那様の担当。ベーコンは近所の「渡辺精肉店」さんで購入。ベーコンをオリーブオイルで弱火でじっくりと火を通しながらカリカリになるまで炒め、白ワインを投入し煮詰めます。そこに自家製ブイヨンを投入、そして生クリームを50ccほど投入し、ベーコンの旨味を生クリームに移し込んでいき、ある程度煮詰まってきたところで、パスタの茹で汁を加えてお好みの塩分に調整し、粉状にした5年熟成のパルミジャーノレッジャーノを加えソースを作ります。大きめのボウルに卵黄2個を用意。パスタが茹で上がったら、詰めたソースの中に入れよく絡めます。最後に溶いた卵黄のボウルに投入し素早く回し和え器に盛り、パルミジャーノレッジャーノをお好みで削りかけ、黒胡椒を一振りすれば完成。パスタもVIVA ITALIAのスパゲティ使用でもっちもち食感で濃厚な失敗知らずの美味しいカルボナーラです♪

_RIZ0125

「イカと玉葱とフレッシュトマトのイカ墨リングイネ」

あおりイカを輪切り、玉葱は微塵切り、トマトは角切りにし、唐辛子1個入れてガーリックソテー。火入れし過ぎないようにイカのみ先に取り出します。そこへ袋井の「イタリア食堂 Anello アネッロ」さんの芳国くんに分けてもらったイカ墨ソースに自家製ブイヨンを投入し、パスタの茹で汁を加えてお好みの塩分に味を調整し、ソースを作ります。茹で上がったパスタとよく和えたら完成です。パスタはVIVA ITALIAのリングイネを使用。イカ墨のコクと玉葱の甘みとトマトの酸味が絶妙のイカ墨パスタの完成です♪

_RIZ0127

「真鯛のポワレ 根セロリのソース」

前日にハーブソルトした真鯛にローズマリーを乗せて香り付けし冷蔵庫で寝かせます。ローズマリーと一緒に真鯛は皮面をこんがりガーリックソテーし、裏返したら白ワインを投入し火が入れば完成。こちらの根セロリのソースも芳国くんに分けてもらったのですが、それを器に流し込み、センターに盛り付けたら完成。ふんわりと仕上がった真鯛に根セロリの優しいクリームソースが良く合います。芳国くん、今度”根セロリのソース”のレシピ教えてね♪

_RIZ0126

「レヌディドン ピノノワール 2012」チュニジア 赤

南仏ドメーヌの元オーナーが手掛ける、チュニジアワインの名産地モルナグで造られたワイン。収穫量を極限まで減らすことにより、非常に濃厚で、果実の旨味たっぷりの味わいに仕上げており、穏やかな酸味と凝縮された果実味は、圧倒的な存在感を持っていて余韻も楽しめます♪

_RIZ0130

「猪のロースト」

肉料理は旦那様が担当。鹿のヒレとロースは気合いを入れ過ぎてしまったせいか、火入れし過ぎて硬い・・・とかなり落ち込んでしまった旦那様がリベンジで猪も追加したところ、こちらは最高の仕上がりに!ジビエ初体験という彩音ちゃんも速攻「美味しい!」と叫び頬張っていました。初めてのジビエがこんなに美味しいと先が怖いと要らぬ心配をする可愛い彩音ちゃん(笑)貴重な食材が最後は美味しく仕上げることができて旦那様もほっと一安心。料理は失敗もありますが、本当に経験がものを言います。お客様を招いておいて失敗するのも申し訳ないことですが、そんなことも笑い飛ばす感じで楽しく食事をしてくれた新村夫妻に感謝感謝です♪

_RIZ0135

「ラフランスのタルト」

「デザートまで作るの大変でしょう?」と、彩音ちゃんが気遣ってくれてデザートのケーキを手作りして持参してくれました(感激!)ラフランスの上品なコンポートを乗せたタルトは香りが良く、ナッツやくるみ、ピスタチオの食感も楽しめる美味しいケーキ。いつもわたし達夫婦は2人でおうちクッキングや2人パーティを楽しんでいましたが、実は彩音ちゃんも旦那ちゃんの雅くんも同じように”おうちパーティ”が大好きなようで週に1度の休日は親子3人でパーティを楽しんでいるようです。次回はわたし達夫婦を逆に手料理で招待してくれるようなので、それも楽しみでなりません♪

_RIZ0136

「ブラジルピーベリー」200g 940円

袋井の「まめやかふぇ」さんのブラジルの丸い形をした珍しい豆、ピーベリーを食後にデザートと共に楽しみました。夜の22時頃まで楽しい時間を過ごすことができたのですが、その間、1度も泣き声を上げることなくニコニコとお利口な愛息子ちゃん、素晴しく親孝行者ですね(笑)賑やかな人がたくさんいる場所が大好きなようで先が楽しみな元気一杯な男の子です。雅くん、彩音ちゃん、楽しい時間を本当にありがとう。次回は1月にでも新婚さんのお宅にお邪魔させてくださいね♪

本日の白と赤のワインが購入できるのは ↓↓↓

WINE BOUTIQUE PANIER ワインブティック パニエ浜北店
浜松市浜北区貴布祢1200 プレ葉ウォーク浜北1F TEL:053-489-6145
営業時間:9:30〜21:30 定休日:無
http://www.wb-panier.com/

_RIZ0137


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

和と洋を融合させていただくパスタに赤ワインを合わせて リーズナブルで大賑わいの「Confiture コンフィチュール」のランチは大満足
和と洋を融合させていただくパスタに赤ワインを合わせて
リーズナブルで大賑わいの「Confiture コンフィチュール」のランチは大満足

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます