lade | WEB Magazine, de la Espriella

It's focusing on gourmet, Hamamatsu-Shi, Shizuoka、Overseas travel、To deliver the lifestyle information such as design WEB Magazine alleys

NARA

Kegon Daihonzan "Todaiji" Let's play with the deer while admission the Great Buddha of Nara like at the Hall of the Great Buddha

奈良時代に聖武天皇が仏教の考えと国を守るために建立した奈良にある華厳宗大本山の寺院「東大寺」「奈良の大仏」として知られ、And Temple had a tremendous impact in culture of Japan、 聖武天皇が当時の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心をなす「総国分寺」と位置付けられ、 1998年に古都奈良の文化財の一部として、Has been listed from UNESCO World Heritage site。 Access、From NARA STA. on JR yamatoji line and Kintetsu NARA line get off at daibutsuden Kasuga Taisha city bus and 5 minutes ' walk、 Or located within 20 minutes ' walk from Kintetsu-NARA STA.、In Nara Park。 You will be near、Access by car is good for several paid parking are scattered。 Speaking of Nara NARA Park、Speaking of Nara Park, todaiji Temple、Todai-ji Temple and say deer。 This will be revisited since the trip is、Welcoming so many deer would have them sight is quite fun。 NARA Park deer、God transferred from Kashima (Ibaraki Prefecture Kashima-Jingu Shrine) to create a Kasuga Taisha Shrine、 From the legend aboard the famous the kasugayama、As a Messenger of God and protect important、The natural monument in the country specified。 The deer also inhabit the Nara Park in approximately 1200 head、Is not in captivity、Everything becomes a wild deer。 Deer bait、Lawn in the Park and the bamboo grass、Budding, such as primary and、 南大門前の参道にて販売されている「鹿せんべい」は、But let's say they snack?。 鹿せんべいの販売所前にて鹿せんべいを求めて並んだ瞬間から一斉に鹿に囲まれるのでご注意ください♪ 鹿は「おせんべい!おせんべい!くださいな♪」と鼻で人を突きながら催促して参ります。 For fabulous deer powerfully、Is unfamiliar and tempting to some fear at first、 So will chase away too、If you decide to buy、囲まれ突撃される覚悟をしてください(笑) 慌てずに1枚1枚(半分に割ってもOK)渡してあげましょう。 Too much and too small to eat was so so and careful。 1束10枚入りの「鹿せんべい」150円となりあっという間に驚きの早さで瞬食されます!(驚) 鹿せんべいの材料は、Rice bran and wheat flour in colorings and spices;、Seasoning is additive-free good food does not use any。 A deer Rice cracker、「奈良の鹿愛護会」の証紙が巻かれており、 "Senbei's is meant to protect the little deer。ご協力ありがとう」と書かれています。 "NARA deer Welfare Committee and the、Sick or injured deer conservation、 Research on protection for、Is a general Foundation for growing environmental conservation activities, such as going。 Cute face gentle deer.、Because it is still a wild animal、 鹿に接する際には十分に注意して下さいね♪ 南大門 こちらの南大門は、It collapsed, the gate was built at the Heian Era age in Gale、 Chogen Saint revived the Todai-ji Temple in Kamakura period is now gate (chougenn abcdmy) will be reconstructed。 Watch a figure eaves around the South Gate also a venison family。 Thither this deer Colo Colo and shit you lying so、足元にはお気を付けくださいね♪ 阿形の金剛力士像 南大門の右手には「湛慶」作の吽形(うんぎょう=口を閉じた像) 左手には「運慶」「快慶」作の阿形(あぎょう=口を開いた像)の「金剛力士像」がおり迫力満点です。 Approach around the Green and surrounded by trees、Guests can relax in a quiet and peaceful。 中門 入母屋造の楼門である中門は、And was rebuilt around 0/1716 (1716)、Is provided nationally。 In the middle gate、Bishamonten patron jikokuten to defend the East and West two-body dgg is enshrined。 From both sides of the inner gate Ko's growth corridor-shaped、Through the great Buddha、 Equipped with ticket office for admission to left hand inside gate to the great Buddha。 And the great Buddha Temple and kaidan'in Temple、Each immigration hall fees are required in the Hall every、 Great immigration hall fees、Adult (College student) 500 yen、小学生300円となります大仏殿(東大寺金堂)入堂券 大仏殿(東大寺金堂) 東大寺の本尊である盧舎那仏坐像(奈良の大仏)を安置している大仏殿(東大寺金堂)。 Officially、Widely known under the name of "daibutsuden" is referred to as Todai-ji Temple Inner Temple、 Big Buddha as indicated mainly by Todai-ji official site。 The current building was completed in 1691 (0/1691) and、1709At the funerals, (0/1709) has been designated as a national treasure、 The extant daibutsuden、Front width 57.5 m、50.5 m、49.1 m in height to the building and will be building up in the environment。 Before the great Buddha、観光ガイドや先生の指示に従う多くの修学旅行生で賑わっております♪ 金銅八角燈籠(こんどうはっかくとうろう) 大仏殿の正面にある「金銅八角燈籠」は、The height of 4.6 m in height with pride、 This lantern survived the fire of the、As a typical craft of the Nara period is designated national treasure。 From the top、Gem、Kasa、Firebox、China-Taiwan、Rod、Is composed of base。 8Corner、8Surface、8One is called the octagonal Lantern designed by Lotus petals。 In the Firebox、竽-copper Tuoba child (cymbals), recorder, transverse flute is played sound bodhisattva (bosatsu onnjou) and is called Angel statue engraved 4 and、 The other four、Karajishi is highlighted and the door、見事な燈籠です♪ 東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう) 一般には、Known as the great Buddha of Nara todaiji Temple Daibutsu Buddha。 0/743 743, Emperor shōmu asked to live and prosper with all living things, and originated the "edict of Buddha.、 0/745 (745 years) starts production、0/752 (752) is done of the enlightenment。 Parts produced in the Nara period、On the right flank, thigh and seat part、 During the Edo period's head、Much of the body be repaired in the Kamakura period、 Are you wearing a huge、Gilt bronze statue at approximately 15 m height、Weight is what 250 t、The width of the face extends to 3.2 m。 0/1958 (1958) on 2/8 under the name of "seated bronze Buddha" specified as a national treasure of the sculpture Department。 The head of Buddha mumble、Called "spiral hair (rahotsu)、Spiral hair "spiral (et al) and the conch that with spiral shape and、 Is it one by one、Diameter 22 cm、Height approx. 21 cm、The weight is approximately 1.2 kg。 Like a mole in the center of the forehead、In a kind of downy hair called "white 亳 (byakugou)、 The mercy's light shines on every corner in the world、Said through suffering and those who suffer from it.。 The great Buddha Hall of columns、Open the square hole of the same size as the hole in the nose of the great Buddha、 Through an archway,、Said to have the blessings of good health。 That had survived all elementary school students who are、Please note that adults would be severe size。 The Buddha's right hand operation without in the form known as John the fearless (Semui)、Become a better more represents an encouragement、 Left hand is in the form known as giving hope mark (yoganninn)、Means "gesture to give something.、叶emashou your wish and stands。 この2つを組み合わせた手の形を施無畏与願印(せむいよがんいん)と言います。 Though overwhelmed by the size of the Buddha、その偉大な右手を拝借しパワーを頂戴致します♪ 大仏様の左手の実物大の模型を間近で拝見するとその大きさを伺い知ることができます!(驚) 虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ) 大仏様の左右に脇侍として安置されているのは、"Akasa" nyoirin Kannon Bodhisattva is。 Nyoirin Kannon and completed around the 0/1738 (1738)、Akasagarbha statue was delayed, and the completion of the 0/1752 (1752)、 2Become a wooden body、Be almost symmetrical shape and appearance、 Typical Buddhist sculpture of the Edo period and has been nationally designated。 The Akasa、A lonesomeness to nothingness and worshipped as a bodhisattva named save people by merit and wisdom、 The nyoirin Kannon、 Start with the "Falun" shatter "Ascend" fulfill all wishes and desires、 Is worshipped as the bodhisattva gives benefit to all sentient beings were born into this world。 広目天(こうもくてん) 四天王の一人である広目天は、Have brush under the sharp eye of right hand.、On the left hand scrolls、Wearing body armor。 The komokuten、 "Eyes usually only with contributors" have increasingly。 Four heavenly kings、Live on a hillside of Mount sumeru、4 people with warriors Taishakuten (one) to serve God、 Komokuten、Zochoten、Jikokuten、And tamonten、Refers to the God of law people to embrace Buddhism。 多聞天(たもんてん) 多聞天も四天王の一人で単体で祀られる時は「毘沙門天」と言われ、 Put the treasure Tower (stupa) in the right hand、Would figure with treasure on the left。 Model suggests that the temple was originally located in the great State。 Daibutsuden first is larger than the current、The seven towers reach 100 m from East to West was placed。 鎌倉期再建時の模型や江戸期再建時の模型も楽しめます♪ 前回の奈良では「法隆寺」を拝観し今回は「東大寺」。 Without a scene filled with tourists both compared to Kyoto、I feel quietly enjoy the Temple Tour。 On this day、That had been forecast and weather、For the room without getting caught in the rain、 Long time、Want to explore than the great Buddha was。 Also、機会をつくり奈良へ出向いてみようと思います♪ 人見知りせず穏やかな顔を見せ芝の上で休息を楽しむ鹿の背景に 我が家のマセラティ3200GTを映し込んだところで奈良の小旅を終わらせます。 On this day the early after NARA、To go to a French restaurant is reserved for、京都へと参りましょう♪ 東大寺 所在地奈良県奈良市雑司町406-1 TEL:0742-22-5511 Opening hours:8:00-17:00 (For different time、詳しくは公式サイトをご覧ください) 大仏殿入堂料大人500円・小学生300円 http://www.todaiji.or.jp/


Poker of Uji Gold Crown Prince Temple, Horyu-ji Temple admission after enjoying the cool in ice 1 break

法隆寺前に位置するお食事・おみやげ処の「太子堂」さんは多くのお客様をお迎えされています隣接する専用駐車場は大型バス16台普通自動車15台分のスペースがあり団体引卒などに大変便利です。 600名が一堂に食事できる団体用テーブル席を始めゆったりと寛げる和室などが用意されています♪ 奈良には永い歴史に培われた伝統工芸品を始め全国的に有名な特産品が数多くあり、 The menu is、奈良漬・もみじ柿・くず菓子(くず餅・くずきり)・柿の葉ずし奈良人形は一刀彫とも呼び春日大社奉納の人形を彫ったものが始まり古来伝統の技術により製造されている墨や筆は全国的にも有名です大和の古社寺に秘蔵される伎楽・舞楽の古面の複製なども置かれています今年初のかき氷をいただきましょう♪ 器から溢れんばかりに盛ってくれています(笑) 「かき氷・宇治」(金時+100円)」350円 外にも長椅子が設置されているのでそちらで風を感じながらいただきますサクサクとした食感の氷に宇治抹茶の色が綺麗に映えトッピングの金時は中にもたっぷりと入っておりわたし達には2人で1つがやはり程好いサイズです。 Think of it、大好きなフレンチの「連理 レンリ」さんでも今年の夏は連理の木の下で食べるかき氷を始めると尾上シェフがおしゃってましたね。 This year、一体何杯のかき氷を楽しめることでしょう♪ 太子堂 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺1-5-29 TEL:0745-75-2623 Hours of operation:10:00~ 16:30Closed on Mondays:不定休 http://www.taishido.info/


Japan boasts a history of more than 1,400 years, and built Horyu-ji Temple Prince shōtoku's first world cultural heritage

奈良の聖徳宗総本山である「法隆寺」は金堂や五重塔をはじめ現存する木造建築では世界最古といわれる建造物がありますイカルという鳥の名に由来を持つ斑鳩(いかるが)の地に法隆寺が建立されたのは607年(推古15年)のことで推古天皇と聖徳太子が用明天皇の病を治すために薬師像を祀る斑鳩寺(現法隆寺)の建築を進めたことが始まりとされています。 However,、用明天皇のために創建された最初の法隆寺は創建から64年後の670年(天智天皇9年)に火災で焼失したと日本書紀に記されており現在の法隆寺は、672年から689年にかけて再建を始めたものとされています。 1400年の年月を経て18万7千㎡もの広大な敷地内には、 19棟の国宝建築物をはじめ幾つもの文化財が存在し文化史上重要な寺院であることから1993年12月に日本で最初に世界文化遺産に指定されています「南大門(国宝)室町時代」 法隆寺の玄関にあたる「南大門」は創建時のものは永享7年(1435年)に焼失し永享10年(1438年)に現在の門が再建されています三間一戸の八脚門で単層入母屋造東大寺南大門(奈良県奈良市)・東照宮陽明門・日暮門(栃木県日光市)とともに日本3大門のうちの1つとなります南大門をくぐると中門と五重塔が見えてきます。 5月の初めは新緑が美しく境内は風通りが良く過ごしやすい気候です♪ 神社や仏閣では鳥居をくぐったところの参道脇や社殿の手前に手水舎が設置されています手水舎はお参りの前に手を洗い口をすすいで身を清める場所で「てみずや」または「ちょうずや」と呼ばれています手水舎の由来と起源 古来神社に参拝するときに近くを流れる川の水や湧き水で手を清めていました。 However,、清流や湧き水が神社や仏閣の近く確保できなくなりそれに代わるものとして境内に手洗場を設けるようになったのが手水舎の起こりと言われています手水舎での作法 ①右手で柄杓の柄を持ち一回で手水(ちょうず)を掬います ②左手を洗い清めます ③柄を左手に持ち替え右手を洗い清めます ④再び右手に柄を持ち替え左手に水を溜めて口をすすぎましょう ④もう一度左手を清めます ⑤最後に柄杓の柄を下方に立てるようにし清水を流し柄杓をすすぎます (注意口をすすぐ際に柄杓に口を付けてはいけません) 「中門(国宝)飛鳥時代」 西院伽藍の本来の入口となる中門の深く覆いかぶさった軒その下の組物や勾欄それを支えるエンタシスの柱いずれも飛鳥建築の粋を集めたものです重厚な扉と左右に立つ金剛力士像(奈良時代)は日本に残っている最古のものとなります「法隆寺金剛力士像 吽形(うんぎょう)」 塑像高さ379cm(711年・重要文化財) 口を閉じ左下を睨み付け左に立っているのが吽形(うんぎょう)像です「法隆寺金剛力士像 阿形(あぎょう)」 塑像高さ380cm・(711年重要文化財) 大きく口を開き右に立っているのが阿形(あぎょう)像です。 2つの像は、Original、木の芯の上から粘土で肉付けし形を整える塑造という手法で造られた塑像ですが吽形像(左側の像)は、16世紀に顔以外の部分は木造に作り替えられており色合いが異なるのが判りますチケット売り場にて西院伽藍内、Zao Tai Po Hospital、東院伽藍内と3箇所共通の拝観料を支払いましょう個人料金(1名)一般:1,500Circle / 小学生750円 以前拝観料は1,000円でしたが少子化の影響で参拝客の多くを占める修学旅行生が減ったことや 旅行先の多様化が影響したとみられ寺の古谷正覚執事長は「多くの文化財を抱える寺の維持のためある程度の浄財が必要と判断した」とし2015年から値上げされています受付でチケットを提示し、1箇所ずつチェックしていただき入場しましょう境内に入ると五重塔が大きくそびえ立ち法隆寺のご本尊を安置する聖なる殿堂の金堂は右手に伺えます「五重塔(国宝)飛鳥時代」 塔はストゥーパともいわれ釈尊の遺骨を奉安するためのものであり仏教寺院において最も重要な建物とされています高さは基壇上より約31.5mで日本最古の五重塔として知られていますこの最下層の内陣には奈良時代のはじめに造られた塑像群があり東面は維摩居士と文殊菩薩の問答北面は釈尊の入滅(涅槃)西面は釈尊遺骨(舎利)の分割南面は弥勒菩薩の説法が表現されています奥に進むと経蔵と大講堂が見えてきます「経蔵(国宝)奈良時代」 この建物は経典を納める施設として建立されましたが、 Now、天文や地理学を日本に伝えたという百済の学僧観勒僧正像(平安時代)を安置しています。 Also、堂内には三伏蔵(他は金堂内と大湯屋前)の1つがあり法隆寺を再興できるほどの宝物が収められていると伝えています「大講堂(国宝)平安時代」 大講堂は仏教の学問を研鑽したり法要を行う施設として建立されましたが鐘楼とともに延長3年(925年)に落雷によって焼失しました正暦元年(990年)に再建されご本尊の薬師三尊像及び四天王像もその時に作られています「回廊(国宝)奈良時代」 回廊は、Bell Tower on the East side、中央の大講堂西側の経蔵に繋がり西院伽藍を形造っています平安時代以前の回廊は、Library、鐘楼の手前で閉じられ、Auditorium、Library、鐘楼は回廊の外側に建っていました。 Also、西側より東側のほうが一間だけ長くなっているのは金堂と五重塔のバランスを考慮したものだと考えられています五重塔内金堂内等内部の撮影は禁止となります心地良い風が吹き抜ける大講堂の中へ大講堂内部も撮影禁止ですのでお見せできませんが日光月光の脇侍を左右に従えた薬師三尊像が安置されています飛鳥や天平期のものではなく平安後期の作となります。 3体の仏様はそれぞれ檜材の寄せ木造りで丸みのある顔立ちや肉付きのよい胴体などから平安を代表する仏師定朝の流れを汲むものと言われています大講堂では修正会や仏性会などの法隆寺伝統の行事が開かれ正式名称を「最勝王経讃説」という修正会はお経が読まれお経の注釈が行われる学問の場となりますこちらから眺める五重塔もまた素敵です♪ 聖霊院の前では鏡池が水をたたえています明治の昔の頃はこの池のほとりに茶店がありここで一休憩した正岡子規が即興で詠まれた俳句が有名です「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」 「聖霊院(国宝)鎌倉時代」 鎌倉時代に聖徳太子信仰の高揚にともなって聖徳太子の尊像(平安末期)を安置するために東室の南端部を改造したのがこの聖霊院です内部には3つの厨子があり中央の厨子には法隆寺のご本尊でもある聖徳太子45歳の像左の厨子には太子の長子・山背大兄王や兄弟皇子の殖栗王の像右の厨子には太子の兄弟皇子・卒末呂王や高句麗僧・恵慈法師の像(いずれも国宝)が祀られ秘仏として毎年3月22日のお会式(御命日法要)の時にご開帳されます奥に進むと網封蔵が見えてきますこの奥には国宝が多数安置されている大宝蔵院があります「網封蔵(国宝)奈良時代」 寺宝を保管するための蔵ですこの蔵は「双倉」といわれる奈良時代の代表的な建物となりかつて法隆寺にはこのような倉が33棟も建ち並んでいたといわれています「大宝蔵院」 百済観音堂を中心とする東西の宝蔵には有名な夢違観音像(白鳳時代)・推古天皇御所持の仏殿と伝える玉虫厨子(飛鳥時代)・ 蓮池の上に座す金銅阿弥陀三尊像を本尊とする橘夫人厨子(白鳳時代)をはじめ百万塔や中国から伝えられた白壇造りの九面観音像・天人の描かれた金堂小壁画など日本を代表する宝物類を多く安置しています奥に進むと東大門が見えますこの先には聖徳太子が住まわれた斑鳩宮跡に建造された夢殿があります「東大門(国宝)奈良時代」 「中ノ門」ともよばれるこの門は西院と東院の間に建っていますかつては鏡池の東側に南向きに建っていたようですが平安時代ごろに現在の場所に移されたといわれていますこの門は三棟造りという珍しい造りをしており奈良時代を代表する建物の1つとされています広過ぎることなく程好いサイズ感の法隆寺は混み合うこともなくとても拝観しやすいためお勧めです過ごしやすい時期とはいえ少しお茶屋さんで涼を楽しみ休憩して帰ることに致しましょう♪ 法隆寺 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1 TEL:0745-75-2555 Hours of operation:8:00~ 16:30 http://www.horyuji.or.jp/


Enjoy the taste of the Octopus takoyaki with NARA "drumming was" soup

西名阪道・法隆寺ICから奈良県道5号線を南下するとポツンと佇む小さなたこ焼き屋「太鼓たこ」奈良県民の方には有名なお店です素朴なたこ焼きですがこの道一筋35年ほどのお母ちゃんが20分かけてじっくり焼くそのたこ焼きはソースもマヨネーズも青海苔も何もかけずに出汁と醤油の旨味でいただくシンプルなたこ焼き。 Place、近鉄池部駅より東へおよそ400mほどの距離で徒歩で10分くらいです駐車場はなく店横に路駐できるスペースが1、2台ほど常連さんは焼き上がりを待たないために 電話で予約して焼き上がり時間を聞いてから伺う人もいますたこ焼きといえば大阪でしょうが奈良でも有名なたこ焼き早速いただいてみましょう♪ 店内は焼き場の横に設けられたカウンターがありお母ちゃんがたこ焼きを焼き上げていく様子が伺えますお母ちゃんの西浦よし子さんは独自のスタイルでこちらのたこ焼きを完成させ「奈良ではこんなたこ焼きはうちだけやないかなぁ~」と言います。 35年ほど前にこのお店を出したキッカケは子供さんに「お母ちゃん家に居て」と言われたことが始まりだそうです家の傍に居ながらにして商売ができるものを探し子供の面倒を見ながらできるもの。 It is、このたこ焼き屋さんだったとのこと優しいお母ちゃんが一生懸命働く後ろ姿はきっとお子さんの目に焼き付いていることでしょうお母ちゃんの優しさが生み出すたこ焼きこういうお店って良いですよね♪ こちらのたこ焼はオーソドックスに1種類のみで、10個入り500円と20個入り1,000円となりますチーズや葱ポン酢塩マヨ揚げたこと様々なアイデアたこ焼きが生まれる中お母ちゃんは35年間ずっとこのスタイルで自分の道を貫かれています作り置きもされていますが、20分待てば焼きたてが食べれるとのことでしたので勿論待ちます! 焼きながら「奈良に用があったのかぃ?」と聞くお母ちゃん「このたこ焼きを食べに来たのよ~♪」というとお母ちゃん口を開けてポカーン(笑) 浜松から奈良まで車で片道およそ3時間美味しいものがそこにあると言うならば行けるところまで行きましょう♪ ①生地を良くかき回します ②鉄板に生地を流し込みます ③出汁でとろとろの生地で一杯に ④網エビをベースに乗せていきます ⑤葱を上から散らします ⑥さらに天かすを散らします ③大きなタコが入ります お母ちゃん焼いている最中にこんなに撮影されたのは初めてだそうで「恥ずかしいなぁ~」と照れ笑いタコだけを焼いているので不思議に思っていると「ほれ!これがホントのたこ焼きや!」と爪楊枝にタコを刺して 「レディファーストやでぇ♪」と先にわたしにくれました(笑) 「たこ焼き」 シンプルなたこ焼きだけに素材は気にしないとなかなか上手く行かないというお母ちゃんコストとのバランスを見ながら良いタコを探すのだそうです大きなタコは弾力もありとてもジューシィーで噛むと出汁の旨味が口一杯に広がります♪ 出汁が多いだけになかなか直ぐには形になっていきません火も強火にしたら焦げてしまうためじっくりじっくり火入れしています半分の鉄板で焼けるたこ焼きは60個全面使用して120個なかなか1人で1度に120個焼くのは容易なことではないとお母ちゃんはいいます場所毎に鉄板の温度が少しだけ差があることを長年の感覚で知っているお母ちゃんは少しずつ場所を入れ変えて均等に火入れできるようにしていきます器用に千枚通しでくるくるとたこ焼きを返し回しあれだけとろとろの生地が形になっていく姿は見ていてとても楽しいです♪ こんがりと香ばしい出汁の香りと共に綺麗な真ん丸たこ焼きになってきました! お母ちゃんに「何故太鼓たこと名付けたの?」と伺うと「何でやったかなぁ?聴き覚えが良いからやなかったかなぁ?」といいました(笑) 真ん丸くて大きな大きなたこ焼きの完成です! 「たこ焼き(104pcs)」500円 本来、10個入りですが熱々で食べてもらいたいからと5個ずつ提供してくれましたお母ちゃんのたこ焼の特徴はシンプルに調味料は一切かけませんソースもマヨネーズも鰹節も青海苔も余分な飾りは全てなし! 表面はうっすらと焼き色が付きお箸で摘んでも壊れません。 But、中はとろっとろのアッツアツですので火傷要注意うっすらと醤油ベースの和風出汁にエビの旨味が広がりとてもあっさりとした味わいのたこ焼き! あっさりとしているのにベースにしっかりとした旨味を感じますこれぞ出汁の醍醐味です余計な味が無い分あっさりと何個でも食べれてしまうから不思議です持ち帰るとこのふっくらとした丸みは失われふにゃふにゃになってしまい全く別物になるのでその場で焼きたてをいただくことをお勧めします! 今でも忙しい時はお子さんもお手伝いしてくれるそうですが後継ぎというわけではないのでお母ちゃんの代でこのたこ焼き屋は終わりだと常連さんは皆さん惜しまれるそうですいつまでもお母ちゃんに元気で居てもらい、 Also、お母ちゃんの最高の笑顔と美味しいたこ焼きをいただきたいものですね♪ 太鼓たこ 奈良県北葛城郡河合町池部2丁目5-17 TEL:0745-56-6172 Hours of operation:11:00-17:00Closed on Mondays:Monday


lade - life style web magazine | lade - Lifestyle WEB magazine | Company Profile | Google
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. I will strictly prohibited unauthorized copy or reproduction of published articles, images