lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

トマトを美味しく、洋風トマト肉じゃがのレシピ

2013/04/07

122669656

前回のビューティ&ヘルスの記事で登場したトマト。今回は、そのトマトを今の時期に効率よく吸収し、さらには他の旬の野菜との相乗効果で食べることにより身体の中から綺麗になるレシピをご紹介しよう。年間を通して、初夏の5月から7月にかけて1番多く降り注ぐ紫外線。紫外線対策を怠ってしまったあとの日焼けでは”活性化酸素”が増加し、その結果、栄養素が不足しがちになる。紫外線対策の第一歩として、紫外線が強くなる時期の前に栄養素を摂って補っていきたいものだ。紫外線にあたると皮膚に活性酸素が発生し、皮膚を構成している脂質を酸化させ”過酸化脂質”というものを作り出す。この部分に紫外線を吸収したメラニン色素が集まってシミの原因となるのである。だからこそ、紫外線対策には活性酸素の働きを抑えることが必要なのだ。

活性酸素は細胞の増殖に関わったり、遺伝子に変異を引き起こし、場合によっては皮膚がんの要因の一つにもなり得る。活性酸素を抑える抗酸化機能のある栄養素としてはビタミンCが有名だが、ビタミンCの他にもビタミンEが活性酸素の働きを抑制するには必要で、ひいてはそれが紫外線対策につながるのである。活性酸素が発生した場合、ビタミンEは細胞膜の身代わりになり自分自身が酸化されることにより、活性酸素を害の無い酸素に戻すことができるのだ。自分が身代わりになるとは何と頼もしいビタミンEではないか。そのようにして、紫外線対策をすることがお肌をシミから守ることになる。そして、ビタミンEがきちんと働くためにビタミンCが必要になるのであるから、紫外線対策の食べ物としては、ビタミンCやビタミンEの多く含まれているものを摂ることがよいとされるのである。

135608416

tamanegi-awaji-w01

114853703

5 月の旬の野菜をピックアップしてみよう。新じゃがに新たまねぎ、さらにアスパラガスが美味しい季節である。新じゃがは、春のほんのわずかな期間だけ出回る「旬」を感じさせる食材である。皮が薄く、皮ごと食べることができるので、じゃがいもの栄養を効率よく摂取できる優れもの。

じゃがいもに含まれるビタミンC、ビタミンB群、ミネラル成分が豊富に含まれているためお肌にとても良い。特にビタミンCは、なんと蜜柑並みに入っているというから嬉しい限りだ。また、じゃがいもに含まれているビタミンCは、デンプン質に包まれているため熱に強く壊れにくいのが特徴である。玉ねぎには、抗酸化作用があり悪玉コレステロールの酸化を防止し、血液をサラサラにする成分が含まれているため、よく食べサラサラ血液となり美肌を目指したいものである。

たまねぎの独特の辛みと香りは、硫化アリルと言う栄養素のためで新陳代謝を盛んにしたり、美肌作りに欠かせないビタミンB1の吸収をよくする働きがある。さらに、コレステロールや中性脂肪も正常化する働きがあるため、ダイエットとしても効果が得られるだろう。

アスパラガスには、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンE、ビタミンCが含まれており、これらを同時に摂ることができる。βカロチンは、活性酸素を抑える働きがあり、また、βカロチンは皮膚の免疫機能やバリア機能を維持する働きもあるのだ。そして血液を作る葉酸も含まれているため貧血気味の女性には嬉しい働きをしてくれる。さらに、アスパラギン酸には新陳代謝を促す作用があり、お肌のターンオーバーにも良い結果をもたらすであろう。玉ねぎで血液をサラサラにし、栄養素を体の隅々まで送る、そして、じゃがいものビタミンCによる美白対策とビタミンEをしっかり働かせ、アスパラのビタミンEで紫外線を浴び酸化した肌を回復させるのだ。

そして、いうまでもなく前回懇々と説明したトマトの栄養素が加わった料理とくれば、どれだけ心強いものであろう。有難いことに、今回そのレシピを提供してくれたのは、野菜ソムリエの資格も持つ料理教室「ラウラウキッチンスタジオ」のオーナー今坂 佳美氏である。
※栄養学参考資料:花図鑑 野菜+果物/草土出版、新ビジュアル食品成分表 増補版/大修館書店

トマトを美味しく、洋風トマト肉じゃがのレシピ
材料 (4人分)

オリーブ油 大さじ2、にんにく(スライス) 1片、豚バラ肉 200g、 水 800cc
ブイヨンキューブ 1個、トマト 4個、新玉ねぎ(大きめにカット) 2個、ローリエ 1枚
新じゃがいも 3個、きび砂糖 小さじ1、アスパラガス 4本、パルメザンチーズ 40g
黒こしょう 少々

_MG_9286

作り方

1.鍋でオリーブ油を熱し、スライスしたにんにくを入れ、香りがたったら豚バラ肉を炒める。
2.豚肉に火が通ったら水、ブイヨンキューブ、食べやすい大きさにカットしたじゃがいもを入れて強火にする。
3.さらに皮を湯むきしひと口大に切ったトマト、大きめにカットした新玉ねぎ、あればローリエを加えて10分程煮る。
4.きび砂糖、アスパラガスを加え混ぜ3分程煮て、火を止めてパルメザンチーズを加えて混ぜる。
5.器に盛って黒こしょうをかける。

 

ラウラウキッチンスタジオ
浜松市中区西伊場町62-6-2F
TEL:053-522-8314
定休日:月曜日
http://laulau.hamazo.tv/

_AZ93049

_AZ95165


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

ひーさん邸でladeについてディスカッション! 法多山で開催されているイベント「コトコト市」の生まれるまで
ひーさん邸でladeについてディスカッション!
法多山で開催されているイベント「コトコト市」の生まれるまで

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます